聴神経腫瘍 鞘腫の手術前と手術後

聴神経腫瘍鞘腫になってからの、手術前と手術後の症状と心境を気軽に書き綴ってみたいと思います。

聴神経腫瘍の手術から一年目のMRI

気功を受けたつぎの日は
聴神経腫瘍の手術後の
一年目のMRIの検査だった。

腫瘍が再発してないかと、
手術した人にとって、
心配な検査だと思う。

幸いな事に、
腫瘍の再発は無かった。

MRIの画像を見ると、
手術当時に取り切れなかった腫瘍も
綺麗に無くなってるので、
主治医からは、
「術後の経過ががなり良い。」と
言われた。

ただ気になったのは、
手術の時に髄液漏れ防止の為、
頭蓋内の穴というか、
隙間をフィブリン糊という血のりのようなもので、
穴埋めしてから骨窓を塞いでいるのだが、
MRIの画像で、
フィブリン糊が一部分剥がれているらしい。
主治医の話しだと、
特に問題は無いらしい。

問題はやはり、
首の痛み、頭痛だ。

主治医からまた、
新しい薬を処方された。

「リリカ75mm OD錠」という神経系に働きかける薬らしい。

ただしこの薬は副作用が多いので心配。

朝と晩の夕食後に1錠ずつ服用しなくてはならない。

強い副作用がでなければ良いが・・・。