聴神経腫瘍 鞘腫の手術前と手術後

聴神経腫瘍鞘腫になってからの、手術前と手術後の症状と心境を気軽に書き綴ってみたいと思います。

後頭神経ブロック注射 2回目を受ける

2回目の後頭神経ブロック注射を受けた。

待ち時間、なんと1時間半。

予約をしているのにもかかわらずにだ。

 

確かに患者さんは多かった。

ついでに、

おしゃべりな患者さんもいた。

 

おしゃべりな患者というのも珍しい。

ホントに具合が悪くて病院にきてるの?

 

1時間半待って、

ようやく呼び出されたのだが、

先生といろいろ話をすると、

「前回の後頭神経ブロック注射を今日もやってみましょう」

それから、薬も出すという事になり、

リリカやトラムセットは体に合わないと言うと、

テグレトールという薬を出すので飲んでみてください。

リリカよりは弱い薬だから、多分効くと思いますよ。

もし、具合が悪くなったら飲むのをやめてください。」と

言われた。

 

それから処置室に行って、

注射をして、5分様子見して、

全体で所要時間15分程度。

1時間半待って、

そんなもんで終わった。

なんか疲れる。

 

ところで今回の注射は、

頭の頂頭部へは痛みが響かなかった。

注射する場所が若干ズレたのかな?

後頭部を触ると腫れているのがわかる。

先生は、

「注射を打ったばかりなので、薬が溜まってる」

と言っていた。

 

それに前回は、後頭部が麻酔で感覚がなくなって

しまったのに対して、

今回は余り麻痺していない。

 

同じ注射を受けてこれはどういうことなのか?

ちなみに注射した先生は同じ人である。

 

妻はこの様子を見て

「怖~い」と言っていた。

 

まったく注射は怖いものである。

そして、

 

この先生だいじょうぶかな?

という念が湧いてくるのであった。