聴神経腫瘍 鞘腫の手術前と手術後

聴神経腫瘍鞘腫になってからの、手術前と手術後の症状と心境を気軽に書き綴ってみたいと思います。

三日間連続ヒーリングの結果(1日目)

今回、三日間のヒーリングを受けることにしたのだが、

ヒーリングの先生が遠隔地の為、

遠隔ヒーリングをしてもらう事になった。

(メールでのやり取りのみ)

 

不思議なことに、

その先生は、遠隔地でありながら、

自分の現在の波動が見れるとの事で、

この首の痛み、頭痛、めまいの状態を感じ取ってくれた。

 

痛みの感じ方はほぼ、自分の感じている通り、

首と後頭部の間あたりと眉間を中心に顔にかけて、割れそうな
感じの異常に強い波動を感じたとの事。

 

ついでと言っては失礼になるが、

霊障の件も見てくれた。

霊障は無いという。

霊障だったら、除霊して終わりという簡単な事では無いにせよ、

それならそうで、

この痛みの原因は一体なんなの?

 

ヒーリング1日目は、

地元のヒーリングの先生の施術と重なってしまったので、

ダブルヒーリングといった状態。

遠隔の先生は、そのような状態でも「問題ない」という。

 

地元のヒーリングの先生も、

問題なく施術をしていた。

 

内臓の硬さをチェックしていた時、

「今日は○○先生のヒーリングのおかげか、

内臓が良い感じに緩んでいますね」といっていた。

 

ホントかな?と思いながら施術が終わり、

最後に先生に「痛いところに意識の焦点を合わせないで、

良くなったと思えるところに焦点を合わせてくださいね」

と言われた。

 

そうする事により、

回復が早まるのだという。

 

でも、ホントに痛いときは無理だ。と思っていたら、

先生も、「無理にやらなくてもいいから」という。

 

要はやれる範囲で、という事であろう。

 

午前中の施術だったが、

午後もなんか痛くならずに調子が良かった。

 

でも、夕方から首が痛み出してきた。

遠隔ヒーリングの時間も終わっちゃったのかな?

と思いながら、またボルタレンのお世話になるしかなかった。

 

また明日の朝8時から遠隔ヒーリングが始まるので、

明日に期待しよう。