聴神経腫瘍 鞘腫の手術前と手術後

聴神経腫瘍鞘腫になってからの、手術前と手術後の症状と心境を気軽に書き綴ってみたいと思います。

今日はペインクリニックに来ています

ここ3週間ばかり、

決まって土日になると

頭痛(右側前頭部)と吐き気が

襲ってきて

なにも食べられず

終日寝たきりになってしまう。

 

前の日まで

何事もないのに。

 

相変わらず

食後に

ボルタレン

トリプタノール

かかさず飲んでいるが、

その影響なのだろうか?

 

それとも

最近買った

マッサージ機の

やりすぎか?

 

ここのところ、

容態が良くなりつつあったので、

3週連続のダウンには

いささか

ショックをおぽえる。

 

家族にも心配を

かけてしまった。

 

特に

妻はショックが大きかった

ようで

 

また

星条神経節ブロック注射を

再開した方が良いのでは?

という。

 

自分としては

まったく気が進まないのだが、

心配する家族に対して

反論する気も起きない。

 

ここはおとなしく

言うことにしたがうのが

家族円満の秘訣と自分に

言い聞かせ、

本日のペインクリニックの

受診となった。

 

それも

予約無しで。

 

ここの総合病院は

週一 木曜日しか

ペインクリニックやってない。

さすが

ド田舎の病院である。

 

でも

ド田舎なのだが、

近所の年寄りが言っていたが、

このへんは

昔から

天災が少ないところ

なのだとか。

 

以前、

地元のハザードマップを見ても

なに色にもなっていなかった。

 

今回も

念のためハザードマップ

見てみたが

何色にもなったなかったので

大丈夫だとおもう。

 

過信は禁物なのだが。

 

 最近も

西日本では

異常なほどの豪雨があり、

特に広島の死者が多い。

 

自分の兄弟が

兵庫に居るのだが、

兵庫は広島より大変ではない

ようなので

恐らく大丈夫だろう。

 

なにかあれば、

子供どうしで

LINEを頻繁にしているので

LINEで連絡があるだろう

という事で

連絡はとっていない。

 

ところで、

今回の星条神経節ブロック注射は

左側の首にしてもらった。

 

担当医は

自分の首を何度もさわって

必死にポイントを探していたのだが

なかなかわからないようで

苦労していた。

 

首を感度も押しながら

ポイントを探すため

これが結構痛い。

 

やっとポイントを探しあて

いざ、注射針をさす。

 

喉の左側に

いやな鈍痛が走り

キシロカイン剤が

入ってきた。

 

キシロカイン

最後のあたりになると、

「ブチュッ」と

音がする。

 

「ブチュッ」と音が鳴ると

薬が効いてくるらしい。

前に誰かのブログかなんかで

読んだ。

 

そのとおりなのかどうか

わからないが、

 

脇腹が痛くなってきて、

呼吸がしにくくなってきてた。

 

これは

前にもあったので

あまり驚きはしない。

 

それから

左腕の親指から腕にかけて

しびれてきた。

 

そうこうしてたら

左目が開けずらくなってきた。

 

今回は

結構効いているようだ。

 

30分くらい寝ていたのだが、

なかなかしびれが引かない。

 

担当医は

もう少し休んで行った方が良いと

言ったが

多分、

精算している間に

しびれは治まってくると思う。

と言い、

処置室を出た。

 

精算を終え

脳神経外科に行く日を

待たずして

マクサルトが無くなりそうなので、

ペインクリニックの担当医に

頼んで処方してもらった

マクサルトを受け取り

駐車場に向かった。

 

車に乗り込んでも

まだしびれが取れてなかったので

今、

このブログを更新すべく

このブログを作成している。

 

実は

ペインクリニックには

午後にきたのだが、

午前中は

太陽がいい具合に

雲に隠れていて

涼しかったので、

妻に言われていた

家庭菜園の耕耘機がけを

していたのだ。

 

家庭菜園とっても

結構な広さなので

涼しいのだが

汗がダクダクだった。

 

病院に行く前に

倒れたら洒落にならないな、

と思いながら

全部終わらせた。

 

体調は良かった。

 

でも明日か明後日には

ダウンするかも。

 

星条神経節ブロックが

効いてくれる事を祈る。