聴神経腫瘍 鞘腫の手術前と手術後

聴神経腫瘍鞘腫になってからの、手術前と手術後の症状と心境を気軽に書き綴ってみたいと思います。

聴力検査で病院に来ています

聴神経腫瘍の手術の後遺症で

右耳の聴力がなくなった。

 

聴神経腫瘍の手術では

当然だが

腫瘍の発生した部分を切除する。

 

その部分には

体の平衡感覚を保とうとする

前庭神経というものかあり

手術では

その前庭神経も切らざるを得ない。

 

そのため

手術後はめまいが酷いので

しばらくは歩行はおろか

立っているのもつらい。

 

現在、手術を受けてから

1年と10ヵ月だが

酷いめまいこそなくなったが、

やはり現役の時と比べて

バランス感覚はとても悪くなった。

 

安全確認で左右を見るたびに

軽くめまいがしたり、

ちょっとした段差につまずいたり。

 

そして、つまずいた場合に

態勢を立て直す事が出来ないので

転倒する事もある。

 

まるで一気に高齢なおじいさん

になったような気がする。

 

このような事から障害年金の受給を考え

社会保険労務士さんに相談している。

 

今日はその申請に使用する

診断書を作成してもらう為の

聴力の検査で

以前手術した総合病院の

耳鼻咽喉科に来ているのだが、

 

実は昨日もこの病院に来ていて

脳外科の主治医に

診断書の相談をしに来たら

「聴力の検査は明日にでもできます」

と言われたので

善は急げ、ではないのだが

障害年金の申請は

早いことに越した事はないと思い、

次の日、

すなわち今日受けることにした。

 

受付窓口で受付をすまして

いざ耳鼻咽喉科へ。

 

さすがに大病院らしく

耳鼻咽喉科は新館の4階との事。

 

エスカレーターを使って

4階のホールにつく。

 


f:id:rock-nat2:20180606113010j:image


 

今度は耳鼻咽喉科の受付をする。

 

問診票を渡され

「今日はお呼びするまで、お時間けっこうかかります」といわれた。

 

昨日の予約を入れるとき

「耳鼻科は患者さんが多いので、

かなり待つと思います」

と言われていたので、

覚悟はしていたが、

待合室を見てびっくり。

ざっと100人くらいいる。

 

さすかは大病院!

 

朝から頭痛がしていて

少しはやわらいで来たと思ったが

またまた頭痛が酷くなりそう。

 

なので

続きは後日。