聴神経腫瘍 鞘腫の手術前と手術後

聴神経腫瘍鞘腫になってからの、手術前と手術後の症状と心境を気軽に書き綴ってみたいと思います。

テレビでは桜の話題だが・・・

聴神経腫瘍の術後の様子を綴っております

このブログ、

一か月以上も更新していなかったので、

久しぶりに記事を投稿しようと思うが、

 

なんか病状がぱっと良くならないので、

ブログに書くのもいつも同じことばかりに

なってしまうが、

 

しょうがない、

 

症状が劇的に変化がないのだから。

 

 

現在まだ、

仕事には復帰していない。

 

でも、

この3月いっぱいで、

傷病手当金が終わるので、

4月から仕事に復帰しようかどうか

悩んでいる。

 

病状が完治すれば

迷いもなく復帰したいのだが、

 

普通に体を動かしても

すぐに疲れて

呼吸が「ハァハァ」と

まるで、

駆け足でもして来たかのごとく。

 

そして

すぐに頭痛(激痛)が左のコメカミのあたりを

襲う。

 

救いなのは

コメカミに激痛がする場合は

少し休憩すると無くなるという事だ。

 

頭部に痛みが走ると、

(鈍痛だったり、激痛だったり、時には両方だったり)

気分が滅入る。

 

「何だよ子の痛みは!!」

「いい加減に早く治れや!」

と思う。

 

でも、

気が付くと最近では

テレビを見たり

ラジオを聴いたりするのが

そんなに苦痛ではなくなったので、

 

テレビを見ようかと

スイッチを入れてみると、

東京では桜のお花見シーズンのようで、

 

毎年毎年、同じことを言う

マスコミとか、

 

桜が好きすぎて、

桜前線を追っかけるおっさん、

(そのせいで、勤務先を転々としているらしい)

とか、

 

桜そんなにまでして見たいかよ?

 

こう、

体調がすぐれない私は、

 

貴乃花親方の「貴公俊」騒動や

 

川崎宗則ソフトバンク退団など

 

「大変だなあ」思わせる記事のほうが

見ていて

なんかホッとするというか、

 

「大変なのは、自分だけじゃないんだな~」

と思える事を見ることで

心のバランスが保てるというか。

 

こういう考えは

あまり健全じゃないと思うが

いまはしょうがないと

あきらめよう。

 

話は変わるが、

 

今年の夏は暑いらしい。

毎年テレビで同じこと言ってるような

気がするが、

 

この前、

めずらしくキッチンに立ち

料理の真似事をしていたら、

まだ3月というのに、

天気が良かったせいか、

暑くてしょうがなかった。

 

以前より、妻が

「キッチンにエアコンが無いと暑くて死にそうになる」

という言葉を思い出し、

 

思い切ってキッチンに

エアコンを導入する事にした。

 

ジャパネットたかた

「春の家電祭り」のサイトを見たら

シャープのプラズマクラスターエアコンが安かったので、

早速注文して、

今日取り付けてもらった。

 

外部の配管カバーはオプションという事なので、

外壁と同色のホワイト色を付けてもらい、

税込み¥7,020円取られた。

(キッチンは1階なので、配管長さは2m)

 

エアコン取付予定の人は、

お早めに。

 

今から頼んでおいた方が良いと思う。