聴神経腫瘍 鞘腫の手術前と手術後

聴神経腫瘍鞘腫になってからの、手術前と手術後の症状と心境を気軽に書き綴ってみたいと思います。

年明け一回目の脳外科診察

年明け1月6日は
一回目の脳外科の診察日

年が明けても
相変わらずの頭痛と首の痛み

朝から
トリプタノールボルタレン
飲まなくては
居ても立ってもいられす、
空腹を避ける為のヨーグルトを3口くらい
食べてから薬を飲む

そうすれば
ボルタレンに胃がやられなくて済む

空腹にボルタレン
非常に危険


胃に穴が空いちゃうらしいから
気をつけてる


飲んでから30分~1時間くらいで
効いてくる


今日の診察時間は11時30分から


10時くらいに家を出ると
余裕で着くはず

と思って家をでたら
土曜日だからか、
帰省の方々のUターンラッシュなのか、
上り車線が混んでいる


「間に合うかな?」と
少し心配になったが
病院に着いてみると
診察時間の20分前くらいに到着


待合室には先客が殆どいない

早目に診察の順が回ってきた

良かった
今日は早く終わりそうだ


相変わらず
弱々しそうな主治医が
ニコニコ顔で座っている


ボルタレン
トリプタノールのお陰か
激しい頭痛がしばらく治まっているのと

具合いが悪くて
寝込む回数が減った事を伝えると

弱々しくほほえみながら
「それは良くなって状態ですよ、
そう思いませんか?」
と言うので
「自分は、そうは思いません」と
あばれる君みたいに言おうかと思ったが

この主治医には冗談は通じない


真面目に
「そう思います」と言った

この寒い季節が過ぎれば
きっと、良い状態になるだろうと
主治医も言ってたし
自分もそう思いたい。