聴神経腫瘍 鞘腫の手術前と手術後

聴神経腫瘍鞘腫になってからの、手術前と手術後の症状と心境を気軽に書き綴ってみたいと思います。

今週はトリガーポイント注射のみ

今週は比較的体調も良く、

寝込む事はなかったので、

その事をペインクリニックの医師に伝えると、

「今日は星状神経節ブロック注射はやめて

肩にだけ注射をして見ましょう」という事になった。

 

この注射だけで体調がよいのであれば、

星状神経節ブロック注射は受けなくても済むとすれば、

安全だし、値段も安いのでありがたい事だ。

 

それに今日は、

一人で運転してペインクリニックに来たので、

星状神経節ブロック注射をして

何かあると一人で運転して帰ることができないという

事態は避けたかったので、

トリガーの肩だけの注射にしたほうが安心だ。

 

肩の注射の際は、

ポイントを医師に伝えてそこに注射をしてもらうわけだが、

「ここでいいですか」

「もうすこし上です」

「ここですね」

「いえ、もう少し右です」

などどいう会話が交わされ、

27Gの針で注射を両肩にしてもらった。

 

27Gの針は刺されるときは痛くはないのだが、

薬が注入されるときに痛みを感じる。

それが結構痛い。

 

薬もトリプタノールを2週間分処方されたので、

いくらでも病院と家の通院経路から外れたくないので、

いつもは経路から大きく反れる薬局に仕方なく言っていてのだが、

今回は違う薬局に行ってみた。

 

トリプタノールという薬は、

最近ではほとんど使われていないせいか、

なかなか処方箋薬局には置いていない。

 

案の定、

そこの薬局にも置いてなくて、

取り寄せになるという。

 

しかし、

今日中には入荷するので、

 

無料で自分の自宅にまで配達してくれる

 

という。

現在、約15:30。

阿佐ヶ谷姉妹の姉」の方に似ているその薬局の担当のお姉さんは、

18:00には店を出れるので、

18:30前には届けられるという。

 

家で待っていると、

少し遅くなって18:45分ごろ本当に自宅まで持ってきてくれた。

雨も降りが強くなってきたので、本当にご苦労様だった。

 

薬の金額も

前の薬局より、20円ほど安かった。(同じ薬の量でなんで?)

 

病気していると、

何かと精神的にも肉体的にもつらい事が多いのだが、

たまにこういうありがたくて、心がほっこりする事もある。

 

そうすると

今の状況にもめげず耐えていこうという、気持ちが出てくる。