聴神経腫瘍 鞘腫の手術前と手術後

聴神経腫瘍鞘腫になってからの、手術前と手術後の症状と心境を気軽に書き綴ってみたいと思います。

星状神経節ブロック注射3回目・・・昨日

昨日、星状神経節ブロック注射を受けた。

3回目。

昨日は、朝から調子が悪く(いつも悪いが特に)

首の痛みと頭痛がボルタレントリプタノールを飲んでも

スッキリと治らなかった。

 

ブロックを受けに行く病院の予約時間は、

14:00からなので、

病院の近くのラーメン屋さんへ寄り

昼食をとることにした。

 

やはり調子が悪いときは

不測の事態が起きる。

 

頭がガンガン痛くなってきた。

家を出る時ボルタレンを飲んでくれば良いものを

飲まずに出てきたが良くなかった。

 

診察時間まではまだ時間があったので、

ボルタレンマクサルトを飲んだ。

 

それでも14:00の診察時間までにはあいにく

痛みはひかず、

待合室の長いすに仰向けで寝ながら

診察の順番を待つことに。

 

今日は患者の人数が2~3人だったので、

気が引けることもなく待つことができた。

 

診察の順番が回ってきたので、

妻に支えてもらいながら診察室に入った。

 

目の前には、

担当の医師と

その隣には、役に立ちそうもない

インターンが1人すわっている。

 

自分のただならぬ様子を見て

医師がいつになくまじめで

少し厳しい口調でいろいろ聞いてきた。

 

内容は余り覚えていないが。

 

とりあえず

飲み薬のトリプタノール

前回と同じ量を継続する。

星状神経節ブロック注射を受ける。

という内容の話をして

処置室に移動。

 

前回と同じように

右側の首にブロック注射をした。

 

今回も注射する前に

首を消毒したが、

量が多いので

首の後ろの方にも垂れてきた。

 

汚れ防止用に

紙を敷いてもらっているのだが、

恐らく白いTシャツは

茶色に染まっていることであろう。

 

星状神経節ブロック注射が終わってから

医師が自分の肩を触って

「鋼鉄のような肩だ」という。

 

肩こりが相当ひどいらしい。

 

肩に追加で注射をしてもらった。

 

医師曰く、

これで頭痛が少しは軽減するらしい。

 

会計に向かう途中、

来週の診察のことを医師が言ってなかったのを思い出した。

 

再度医師に確認したら

「多分、来週予約入れときました。多分なんて言っちゃ駄目だよね。大丈夫予約入ってます」

 

なんかオタオタしている。

しっかりしてくれ。