聴神経腫瘍 鞘腫の手術前と手術後

聴神経腫瘍鞘腫になってからの、手術前と手術後の症状と心境を気軽に書き綴ってみたいと思います。

遠隔ヒーリング2日目(手術後1年と約1か月目)

遠隔ヒーリング2日目は、

 多少体調が良かった。

 

午前中は家の壁の壁紙の補修をしたり、

窓ガラスを2か所拭いたりした。

 

天気が良いので、

多少首が痛んだが、

妻と2人で滝のある神社へ行った。

ボルタレンは飲んだから大丈夫だと思った。

 

ここの神社は、

知る人ぞ知る秘境のような場所だった。

道が狭いので、

知らない人はなかなか来れない。

 

滝から出る水しぶきが、

マイナスイオン満点といった感じで、

心身ともに癒される感じがした。

f:id:rock-nat2:20170918112921j:plain

実は初めて行ったので、

迷いに迷い、

ようやく着いた。

 

迷って疲れたのと、

滝の冷気のせいか、

首がだんだん痛くなって耐えられなくなってきた。

 

遠隔ヒーリングは届いているのか?

効き目の実感がない。

 

f:id:rock-nat2:20170918113319j:plain

帰りは、

買い物がしたいと妻が言うので、

自分は車の中で痛みに耐えるべく

シートを倒して寝て待っていた。

 

首が冷たくなっていたので、

冷えて痛いのだろうか?

 

ヒーリング屋さんに

首の痛みを取ってくれるように、

念を送る。

念だけでは物足りないので、

メールも送る。

 

せっかくの外出なのに、

良い所無しである。

 

家に帰ったら少し首の痛みが和らいできた。

 

ヒーリングの効果なのか?

分からない。

 

妻が以前から言っていた照明器具の取り付けを

やってみた。(小さいシャンデリア風)

また、具合が悪くならなければ良いが・・・

と思いながらいろいろ小細工をしながら取り付け完了。

 

夕暮れ時だったので、

外の窓から見えるそのシャンデリア風の照明器具は

雰囲気満点。

電球の球のワット数が小さいので、

少し薄暗かったが、

妻は大満足。

 

明日は今日より調子が良いといいな。