聴神経腫瘍 鞘腫の手術前と手術後

聴神経腫瘍鞘腫になってからの、手術前と手術後の症状と心境を気軽に書き綴ってみたいと思います。

聴神経腫瘍の手術からそろそろ1年

昨年の8月15日の聴神経腫瘍の手術から早や(?)1年経とうとしている。

 

だが、

 

未だに

 

“首の痛み” “頭痛” “めまい” といった症状が

無くならない。

 

 

お盆には

実家の青森に帰省できるくらいに

調子が良くなっているはずが、

未だに

一進一退を繰り返している。

 

何とも苛立たしいやら

悲しいやら。

 

兄弟には

今の現状は告白したが、

 

実家の両親には

この現状が説明できていない。

 

80歳を目前とした

年寄りに余計な心配をかけたくない。

 

昨日の夜は

いつもの右の首から右側頭部にかけての

頭痛ではなく、

額と後頭部の真ん中の上から下への直線状が

午後6時から痛く、耐えられなかったので

そのままベッドにダウンしてしまった。

 

いつもの痛みではなかったので、

「良くなる前兆かな?」

くらいに

淡い期待をもって

苦しみながら寝ていたのだが、

 

今日の朝になったら、

いつもの感じで

頭すっきりしない、

右側側頭部が痛い感じがする状態で、

起きらざるを得なく

 

昨日の晩御飯の残りを

勢いで(傍からだとゆっくりに見える)

ひよこを観ながら食べ、

 

病院で処方されている、

漢方薬を飲み、

ボルタレンを飲もうか飲むまいか迷い、

やっぱり痛くなるのが嫌なので、

飲み、

 

ヤフーのメールを

具合が悪いのに無理してチェックし、

やはりベッドにダウン。

 

神棚の水を交換していないことに気づくが

かったるい。(神様ごめんなさい)

 

寝てばかりでは良くならないと思い、

奮起して起き

ラジオ体操の第一と第二を

ユーチューブをかけながら

行うが、

 

体が動画のおねーさんの

速さについていけず、

 

キッツイな~と思いながら、

ジャンプは首が痛くなりそうなので、

加減し

 

なんとか終わらせた。

 

何の加減もせず

ラジオ体操ができていた頃が

懐かしい。

 

体がどこも痛くないという事は

ありがたい事だと

この病気になってから

非常に感じている。