聴神経腫瘍 鞘腫の手術前と手術後

聴神経腫瘍鞘腫になってからの、手術前と手術後の症状と心境を気軽に書き綴ってみたいと思います。

サインバルタを勧められる

昨日は、4回目のペインクリニック。
スーパーライザー4回目。

体調が悪いので、
妻の運転でペインクリニックに来た。
どんな先生か見てみたかったのもあるらしい。
ブロック注射を任せても大丈夫かどうかの見極めもあるらしい。

間違って渡された診察券を出し、
順番を待つ。

前に2人くらいしか居なかったので、
割と早めに診察の順番は巡ってきた。

診察室に妻も一緒に入ると、
先生は気持ち的に構えに入ったのか、

妻が「ブロック注射を反対してたのですが、余りに主人が痛がるので、ブロック注射をお願いします」と言うと、
先生は、
「本人が、最初ブロック注射をイヤがっていたので、スーパーライザーにしたのに、イヤイヤやると注射というのは効かないからやりません。」と、
なんか意固地になっている。

「ご本人が、いろいろ調べて来ているようですから、それでブロック注射は嫌だと言っているのだから、注射はやりません。」とも言っている。

どうやら初診の日に、
自分が星状神経節ブロック注射の針の太さを言ったのが気に食わなかったか?

24Gは太いのではないか、
と言ったから•••。

先生は、
「注射は嫌だというから、スーパーライザーと投薬で考えてます。薬はサインバルタかリリカを考えてます。」

自分はリリカの副作用で、
車の運転中に気を失うという症状が出るということを先生に話した。

それから整形外科の先生から、
リリカでフィンガーテストをしてもらった時、リリカはあなたの体質に合わないから出さない、と言われた事も話した。

それではサインバルタを処方しますか、
と言われたが、
サインバルタも今年の2月に脳外科のペインクリニックの先生から処方され、1日1回夜寝る前に飲んでいたが、
10回の飲んでもたいした効かなかったし、気持ち悪くなったので、飲むのを辞めた経緯がある。

ということも、先生に言った。

でも、今通っているペインクリニックの先生から、「この薬は4週間飲まないと効き目が現れない」らしい。

確かに脳外科のペインクリニックから28日分出ていた。
でも「4週間飲まないと効き目が現れない」事は聞いていない。

なんだかいろいろあるんだな~。

話をまとめると、
ペインクリニックの先生は

1,ブロック注射は拒否しているのでやらない。

2,スーパーライザーで、とりあえず様子見。

3,のちのち、投薬も行う。

という方法。


妻は、ブロック注射をやっても良いと言っているのに、ブロック注射はやらないと、意固地になっている先生に愛想を尽かしたのか、強い口調で
「そういう順序でやるのですね。わかった!」と言ったので、少しの間、診察室に
無言の重い空気が流れた。

その日もスーパーライザーを照射してもらう事にした。

ただ今日は、右だけでなく左にもやってもらった。

セットしてくれるのは看護師さん。

終わっても先生は来ない。

やはり、妻の態度に少々びびったか?


会計も終わって、妻に先生の事を聞くと、
「ハゲてて、服装も汚らしいくて、気持ち悪い。若い看護師さんがたくさんいるのに、ありえない」
との事。

自分の偏見かも知れないが、
麻酔科の先生って、あんな感じの人多いような気がする。



実は今日もペインクリニックに行って、スーパーライザーを左右やってきたが、(5回目)
となりのベッドで星状神経節ブロック注射をした患者さんが休んでいた。

看護師さんから「出血が止まらないので、しっかり押さえてください。」と
言われていた。

やっぱり24Gの針は太すぎるのでは?

出血止まらない訳だよ。

怖いよ~

そう思った。