聴神経腫瘍 鞘腫の手術前と手術後

聴神経腫瘍鞘腫になってからの、手術前と手術後の症状と心境を気軽に書き綴ってみたいと思います。

星状神経節ブロックを勧められる

今通っている整形外科の先生から紹介されて、

今日は、

ペインクリニックに行ってきた。

 

ここの先生は、

地元にもある総合病院Kの出身のようだ。

 

この病院の脳外の先生と一度

聴神経腫瘍の手術の件で、

一度診察を受けたことがある。

 

その時に、

ガンマナイフのことを聞いてみたところ、

 

聴神経腫瘍に放射線をあてると、

腫瘍が癌化するので、

やめた方が良いと言っていた。

 

ガンマナイフのことを

余り知らない先生なんだな・・・

と思ったので、

この病院での治療は

考えなかった。

という経緯がある。

 

話はペインクリニックに戻る。

 

先生にこれまでの事や

現在の症状のこと、

現在服用している薬のことを

話して、

先生が勧めてきたのは、

星状神経節ブロック注射であった。

 

星状神経節ブロック注射は

交感神経の活動を抑制し、

副交感神経の活動を優位にすることで、

痛みを感じにくくするようにするものらしい。

血行も良くなり筋肉の緊張もほぐれ、

痛みの悪循環を取り除いてくれるので、

痛みに悩んでいる患者さんには

うまく効いてくれれば、

この上ない治療法である。

 

先生曰く、

現在の自分の症状には効くらしい。

痛みもそんなに無いらしい。

 

1枚の紙を取りだして、

星状神経節ブロック注射の説明をしてくれた。

 

良ければ今からやるという。

 

さすがに今日打たれるのは心の準備ができていないし、

自分的には、ネットでにわか仕込みの

星状神経節ブロック注射の知識が少しあったので、

その中で一番気になる

注射針の太さについて聞いてみた。

 

針は細い方が出血が無いと

ネットには載っていたので、

細くて27G(ゲージ)

太くても25Gかなと思って聞いてみた。

 

そしたら

24Gだという。

 

いくらなんでも

太すぎだろう!

と思っていたら、

 

細い方が良いというのは

素人みたいな考えの医者だという。

 

細いと狙った場所に行かなくて、

途中で曲がる事があるのだとか。

 

これからは

22Gでもいいのでは無いかという

考えの先生もいるとの事。

 

ネットで見たのだが、

医者の手引書かなんかに、

「針を刺すときは素早く行う事」

みたいな事が記されているとか。

 

もしここのペインの先生が

「細い針だと狙ったところに行かなくて針が曲がる」

といったこともうなづける。

 

それから、

説明の最後の方で、

出血がひどい場合は

注射跡をしっかり押さえて止血します。

と言っていた。

 

血液がのどに溜まると、

呼吸ができなくなるらしい。

 

でも、この出血の話は

注射針が太いから出血するのであるし、

狙ったところに

針が入らないで

のどに刺さる事もあるよと、

暗に言っているように思えてならない。

 

やはりのどに針を刺すのは恐ろしいので、

今日は、

近赤外線治療器「スーパーライザー」

にしてもらった。

 

先生曰く、

注射より効きが10~20分の1くらいですよ、

との事。

 

太い針に、

出血の危険をはらんでいる

星状神経節ブロック注射。

 

でも、

上手な先生に巡り合えたら、

やってもらうのは良いと思う。

 

とりあえず、

次回の治療もスーパーライザーにしてもらおう。