聴神経腫瘍 鞘腫の手術前と手術後

聴神経腫瘍鞘腫になってからの、手術前と手術後の症状と心境を気軽に書き綴ってみたいと思います。

聴神経腫瘍の手術後のくるしみ

聴神経腫瘍の手術後、結構な患者が様々な症状で苦しんでいると思われる。

というのも、
昨日は久々に脳外科の診察があったのだが、

主治医から現在の症状を聞かれ、
相変わらず、
めまいや首の痛みや頭痛など、
症状を訴えた。

毎度、毎度、同じことをいうのも疲れる。

恐らく、
主治医の方もそう思っていたと思われる。

励ますつもりなのか、
「手術後にめまいなど、不調を訴える患者は、3分の2ぐらいいますから。稀に何ともない人もいますが。」
と言われた。

そんなに不調な人が多いのかと、驚いた。

やっぱり、手術しない方が良かったのか?

今更ながらに悔やむ。


それから主治医が、
首の痛みは、開頭するときに、
首のところの何とか神経を切るらしいが、首が痛いのはそれが原因かもしれない、などと言いだした。

結構、
太い神経らしい。

聴神経腫瘍の手術をして11ヶ月。
初めてそんなこと言われた。

なんか結構、
隠し事多いな、この主治医。
などと、疑いたくなる。

まったく、この
めまい、頭痛、首の痛みが取れれば、
そんなことを思わなくていいのに。

普通は、
そんなに痛みが長引く事はないらしいが。

それで、神経系の修復に効く
メチコバール(メコバラミン)の服用を再開してみようと言われた。

今日、診察に来た目的は
傷病手当金の申請書の証明を出してもらうためだ。

とりあえず、
言う事を聞いてメコバラミン1ヶ月分服用する事にしよう。

最後には主治医の決まり文句、
「いつとは言え無いが、大丈夫、きっと良くなりますから。」

その言葉を聞きつつ、
診察室を後にした。

いつ治るか分からないということは、
いつ職場復帰出来るか分からないと言うこと。

あの主治医、
励ましているのかどうか、
わからん。