聴神経腫瘍 鞘腫の手術前と手術後

聴神経腫瘍鞘腫になってからの、手術前と手術後の症状と心境を気軽に書き綴ってみたいと思います。

夏だから怪談話、という訳でも無いですが・・・

昨年8月15日に、聴神経腫瘍の手術を受け

個室に入院。

 

1泊19,500円の差額ベッド代。

10日間の入院。

 

この金額だけでも十分に背筋が寒くなってくるのだが、

別にお金持ちというわけでもない。

僕の優秀な息子が夏の賞与で払ってくれた。

 

本当にありがたいし、

申し訳なかった。

 

ところで、

脳神経外科の病棟というのは、

扱う病気が頭なので、

そのような病状の患者ばかりだから、

特に夜の脳神経外科の病棟は、

特殊である。

 

ただでさえ、

夜の病室は不気味なのに、

 

夜はたまに、

異様な声がしてくる。

 

入院2日目、消灯時間も過ぎ、

暗い病棟の廊下づたいに聞こえてくる、

おじいさんと思われる人の絶叫。

 

「ウォ~、ウォ~、ウォ~、グォ~」(かなりの音量)

この叫び声が30分~1時間くらい続く。

 

一体何事か!とびっくりする。

当然、その晩は目が冴えて眠れなくなってしまった。

 

どうやらそのおじいさん、

ボケちゃってるらしくて

夜、動いてベッドから落ちて怪我しないように、

なにかで拘束されていたような感じらしい。

(詳しくは分からないが)

 

その拘束を嫌がって暴れる(騒ぐ)ので、

あのような雄叫びをあげるとの事。

 

あまりに絶叫がうるさいので、

鎮静剤かなんか打たれたのであろう。

急に静かになった。

 

自分がもしそうなったら、

とんでもないと思った。

病院てとこは、恐ろしいとこだ。

歳とってボケて入院となるのだけはいやだ。

 

みなさん、

くれぐれも、頭の健康には注意しましょう。