聴神経腫瘍 鞘腫の手術前と手術後

聴神経腫瘍鞘腫になってからの、手術前と手術後の症状と心境を気軽に書き綴ってみたいと思います。

聴神経腫瘍の手術の後遺症

聴神経腫瘍の手術の後遺症と言うと、
術後の髄液漏れや顔面麻痺、めまいと言った事が取り沙汰されるが、

首の痛みや、それに伴う頭痛はあまり取り沙汰されない。

私はこの症状のせいで、未だに職場復帰出来ていない。

昨日は、オステオパシーが得意な整体院に行って来た。

首に触られるのは相当痛いので、
あまり触らないように言ったのだが、
やはり、触らないと施術が出来ないので、優しく触っていただくのだか、最初は大丈夫だった。

だが、そのうちだんだんと痛くなってきて、あまりの痛みに耐えかね、整体院の施術が終わるか終わらないうちにボルタレンを飲んでしまった。

飲まずにはいられなかった。

付き添いで来ていた妻の話しでは、
整体院の先生の表情が硬直していたとか。

やはり整体院では手の施しようが無いと言う事か?

そらから、帰り際にその整体院に置いてあった、「大字式健康器」というものを買ってきたので、次の日に、試しに首に当てて、痛くない程度に、やさしくマッサージをしてみたら、やはりまた、痛くなってきた。

余計な事をしてしまった。