聴神経腫瘍 鞘腫の手術前と手術後

聴神経腫瘍鞘腫になってからの、手術前と手術後の症状と心境を気軽に書き綴ってみたいと思います。

聴神経鞘腫の手術をした後 その1

神経鞘腫の手術をしてから、実は首の痛みが酷い。

手術後約8ヵ月という日々が経ったが、体調が良くない。
それは、痛みの為鎮痛剤を飲み続けているのもあるが、目眩や気持ち悪さ、更に食欲不振。
まるで、妊婦さんの悪阻のように、匂いに敏感になり、食べ物を見ると吐き気がする。
酷い時は、サラダとか果物とかサッパリした物しか食べられなくなったりした。

体重は手術直後からすると、14㌔も減り、体力がかなりなくなった。フラフラするし、手もプルプル震える。

手術直後から頭痛が酷かったので、ロキソプロフェン60mmを毎日3錠から4錠服用していたが、
最近は、首の痛みと首から派生する、右側の目の奥の痛みや耳の奥の痛みや右側頭部やらがズキズキする。

ロキソプロフェンを辞めないと、施術が効かないと、ある整骨院の先生に言われたので、代わりに漢方薬を処方してもらいに別の整形外科に行った。

しかし、漢方薬を処方してくれた先生は、そんなに首が痛いなら鎮痛剤は必要だという事で、そこでも今度はボルタレンを処方された。その整形外科では、鍼治療法もやった。
1ヶ月近く通ったが、サッパリ好転しなかったので、その整形外科の紹介で、地元の赤十字病院で首のMRIを撮ってもらったが、ハッキリした原因が解らず、強いて言えば、頚椎7と胸椎1の椎間板ヘルニアと言われた。
自分でも、原因は違うのではないか?と思い、色々ネットで検索している。

手術後3ヶ月休み、職場に復帰したが、体調が悪いのを職場の上司が見かねて、休職するように言ってきた。
確かに、月に5回くらい休んでいたので、有給も使い切ったから、何日間は欠勤扱いになっていた。
仕事柄、車の運転や高所にも上がるので、交通事故や落下事故も有り得る。
何かあったら会社が大変な事になるので、傷病手当金を貰って休んでほしいとの事だった。
収入は約半分になるが、迷惑はかけられないし、正直なところ、痛みと目眩と食欲不振でフラフラだったので、仕方が無い。
2017年5月18日からまた休職となる。