聴神経腫瘍 鞘腫の手術前と手術後

聴神経腫瘍鞘腫になってからの、手術前と手術後の症状と心境を気軽に書き綴ってみたいと思います。

気がつけば、もう彼岸です

今年は暑い暑いと

つい最近まで

ボヤいていたのに

 

気がつけば

9月半ばも過ぎ

お彼岸の時期となった。

 

スーバーには

仏前にお供えする

お菓子が売ってあった。

 

歳を重ねると

あんこの入ったお菓子が

たまに食べたくなる。

 

お菓子を取ろうと

手を延ばすと

妻から

「絶対食べ残すから買っちゃだめ」

と言われたが

「大丈夫、大丈夫」と

根拠のない返事をしながら

なかば強引にカゴの中へ。

 

あれから何日かたったが

やはり妻の言う通り

あのお菓子にぜんぜん手をつけていない。

 

このブログを書く前まで

そのお菓子の存在すら

すっかり忘れていた。

 

多分

最近めっきり涼しく

というか

寒いくらいになった

そのせいである。

 

彼岸がくると

この前までの暑さが

嘘みたいに

涼しくなる。

 

「暑さ寒さも彼岸まで」

先人の言うことは間違いない。

よくいったものだ

感心させられる。

 

最近の散歩は

聴神経腫瘍の術後の

頭痛や首痛が若干

やわらいできたせいか、

 

風景を見るゆとりが

出てきた。

 

今の時期は

コキアが

モフモフして

いい感じ。


f:id:rock-nat2:20180923210407j:image

ガラケーで撮ったから

画像がいまいち。

 

 

 

自然災害と体調との関係

今週火曜日に予定していた

メリー整骨院のM式を

体調不良でキャンセルした。

 

その日は

午後から台風21号が

最接近するとの事で

JRが運休の可能性もありそう

だったので

 

体調は悪いし

キャンセルは正解だと思い、

メリーさんに電話をした。

 

後で分かったのだが、

人身事故で

ダイヤが相当乱れていたらしい。

 

体調不良の上

電車のダイヤが乱れていては

精神的にも良くはない。

 

ホント

キャンセルして正解だった。

 

その日は

我が息子も体調不良で

頭痛と発熱で

会社を休んだ。

 

数日前から

原因不明の腹痛で

胃カメラで見ても

原因がわからず、

翌日はまた再検査だというのに

 

何ごとも無ければよいが・・・

 

今日は朝から

北海道の地震

テレビが賑わっている。

 

震度6強

 

東日本大震災を彷彿とさせる

 

あの時は、

地震津波原発 と

心が折れそうになった。

 

今回は

地震に大雨

 

どんな事になるのか

心配だ

 

体調が悪いのも

台風、地震のせいかも?!

 

磁場かなんか乱れると

体調も気象も

乱れるんとちゃうか?

 

なんて考えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

聴神経腫瘍の手術から2年が経過

聴神経腫瘍鞘腫の手術から早2年が経つ。

 

体調が余り良くはならないが

月日の経つのは早いような気がする。

 

相変わらず

首の痛みと頭痛に悩まされる毎日。

 

二週間おきくらいに襲ってくる

気持ちの悪さを伴う頭痛。

 

嘔吐するまでに

気持ち悪いのだが、

 

何も食べられないのに

嘔吐を繰り返していると、

胃液に血が混じって

真っ赤な嘔吐物になってくる。

 

8月中旬2~3日寝込んだときは

そんな感じだった。

 

おそらく

ボルタレン

長期飲用で

胃の中があれているのだろう。

 

一度

胃の内視鏡検査を受けた方が

良いかもしれない。

 

一体

これは改善の方向に向かっているのだろうか。

少し不安。

 

今月は

2年目のMRI検査があった。

 

経過観察というやつ。

 

当日は

朝から頭痛がして

気持ち悪かったので、

 

息子に運転してもらい

病院へ行った。

 

結果は

異常なし。

再発もなし。

 

主治医は

ニコニコ顔で

「悪いところ全く無いですよ。

次からは(MRI)造影剤無しで良いかもね」

という。

 

悪いところは

原因不明の首痛と頭痛なんだけど。

 

主治医は

「(腫瘍は)残りかすみたいのはあるけど、

ほとんどだいじょうぶだね」

 

でも前回のMRIの時は、

腫瘍の残りは全部消えていると言っていたはず。

 

そのことを主治医にいうと

「そうでしたっけ?でもきれいなもんですよ」

とか言われてはぐらかされた。

 

主治医は

頭の中は異常がないので

頭痛については

全く分からないといった感じ。

 

なんか主治医いいかげんだなあ。

 

 

 

 

今日は頭が痛くて

調子が悪いというと、

 

主治医はそっちの方は

あまり興味がないらしく、

 

「台風は行っちゃったのにね」

(※主治医は頭痛と台風は関係していると思っている)

とまえおきしてから、

 

「気持ち悪くなる頻度は前からすると

減ってるよね、だったら気長に養生するしかないね」

という。

 

そのような返事は

自分は想定していた。

 

早々と次回の診察日の予約と

薬を処方してもらい、

気持ちが悪いので、

さっさと帰りたいなぁ・・・と思った。

 

1階の会計窓口と

処方箋の薬局は珍しく混んでいた。

 

具合が悪いときに限って

これだよ・・・と思いながら

耐えて座っていた。

 

隣に座っている小太りの

30代くらいの男性の体から匂ってくる

汗制デオドラントの香料が気持ち悪い。

 

何とか薬をもらい

車に乗りこむ。

 

気持ちが悪いので、

シートを倒して

頭にタオルで巻いた

保冷剤をのせ、

息子は気を使って

終始無言の車内。

 

無事帰宅するも

気持ち悪いので、

部屋にすぐ引っ込み

横になる。

 

昼になったので

食欲がないのに

ヨーグルトをちょっと食べてみて、

嘔吐の兆候が無かったので、

ペインクリニックでだされている

トリプタノールと漢方を経口補水液で飲んだ。

 

途端に気持ち悪さが倍増し

洗面所で嘔吐。

 

でも血は出て来なかったので、

少し安心した。

 

 

 

 

浦和の整骨院さんを紹介されました

東京の世田谷区よりは若干近い

浦和の整骨院さん

(メリー整骨院さん)

を紹介された。

 

ここの整骨院さんも

世田谷区の整骨院さん同様、

トリプルアプローチと

電気のポイントトリガーで

(バイタルリアクトセラピーというらしい)

治療を行うらしい。

 

残念ながら

栃木県にはバイタルリアクトセラピー

をやっている

整骨院はないとの事。

 

茨城県のつくばにも

バイタルリアクトセラピー

をやっている整骨院

あるらしい。

 

世田谷の先生は

何か勘違いしたようだ。

 

バイタルリアクトセラピーと

トリプルアプローチの組み合わせは

患者の体に負担をかけずに

自律神経を正常な状態に戻す事に

特化している療法だと思う。

 

自律神経が正常な状態になる事によって

体の悪いところが治っていくという療法。

 

原因がよくわからない痛みなどの事を

不定愁訴」(ふていしゅうそ)

というらしい。

 

このような病気の症状を

治せるのが、

この治療法ではないのか?

 

この治療を

少しの間、試してみたいと思う。

 

神経鞘腫の手術後の

原因不明(脳外科の主治医いわく)の

この首痛と首から眼球、

 

更には

頭の方に走る痛みが

 

この治療法でなんとか

治まってくれる事を願い

 

しばらくは

浦和に通う事になる。

 

金がかかって

しようがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台風が迫りくる中、世田谷へ

せたがや整骨院さんの

2回目の施術を受けに

また、東京は世田谷にやって来た。

 

明日、明後日には

台風13号

関東を直撃するかもしれない

というニュースが流れる中、

 

自称「晴れ男」の自分なのだが

渋谷駅の外は、雨が

結構な勢いで降っていた。

 

自分の東京は世田谷までの

道中を案じて、

付いて来てくれた

今年25歳になる愛娘が、

 

自分が持って来た

折りたたみ傘がやけに小さい

のを気にして

大きめの傘を

コンビニで買って

持たしてくれた。

 

まるで

どっちが親だかわからない。

 

さて

今日は、渋谷駅から

東急バスに乗って、

高橋真麻のよく行くという

三軒茶屋ステーキ屋を横目に

トリプルアプローチのせたがや整骨院まで

行ってみた。

 

半蔵門線から

田園都市線に乗り換えて

東急世田谷線にまた乗り換えての

電車旅は

 

鉄道マニアには

至福かも知れないが

 

あいにく自分は

そうしたマニアではない。

 

簡単で

楽に行けるなら、

金がかかろうが、

タクシーでも良い。

 

今回バスにして正解。

 

電車よりずっと楽だった。

 

余談だが

東急バスの運転手さんは

運転がえらく慎重でよろしい。

 

どっかの夜行バス会社とは

天と地の差があるように

思える。

 

せたがや整骨院まで先生は

元気ハツラツとしていて

気分が良い。

 

今日は

トリプルアプローチなる手技の他に

コンピュータシステムの

インパクターを使っての施術だった。

 

今回、自分のMRI画像のDVDを

持って来て

宮澤先生にそれを見てもらってからの

施術だった為、

「今日は強めに攻めますよ」

と言うことで

結構な痛さの圧で施術してもらった。

 

やってもらったあと

非常に頭の中がスッキリした。

 

自分はトリプルアプローチが

合っているのだと思う。

 

少し遠いが

世田谷まで来たかいが

あったというものだ。

 

だが

自分の体の状態は

かなり酷いらしく、

宮澤先生は

「完全に治るのは、半年から一年くらい

かかる」と言う。

 

それで、

長期間、世田谷まで通うのは

さぞ大変だろうと、

自分の住まいから1番近い

宮澤先生の門下生が経営している

整骨院を紹介していただける

事となった。

 

後日、

宮澤先生から自分のメールへ

門下生の先生の連絡先など

送ってくれるとの事。

 

出来れば

車で1時間以内くらいが

ありがたいのであるが。

 

自宅から世田谷までの往復時間は

6時間くらいなので

「1時間以内」だなんて

贅沢は言えないか・・・

 

 

 

せたがや整骨院に行きました

東京都世田谷区にある

せたがや整骨院の治療を受けてきた。

 

インターネットで

「ゴットハンド通信」というサイトで知った。

 

そこの院長先生は他の整骨院

整体院の考え方と違って、

 

なんと「指一本の指圧」で

難病とされてきた数々の症状を和らげ、また

治癒させてきたという。

 

YouTubeでその治療中の動画を見てみたら

ますます興味がわいた。

 

そして

その治療法の解説された「トリプルアプローチ」という

DVDが販売されていたので、

思わず買ってみようかな、と

思った。

 

期間限定で

¥39,900円(税別)が

¥29,900円(税別)という

購買者の心をくすぐる特典付きだったから

なおさら。

 

でも、妻に

「一度実際にそのせたがや整骨院さんで施術をしてもらってから

買った方が良いのでは?」と

最もな意見を言われて、

 

さっそく、せたがや整骨院さんのTELナンバーを

調べ(せたがや整骨院のホームページには載っていない)

TELしてみると受付の優しそうな女性がでた。

 

是非、施術をうけたい旨を伝えたところ、

院長先生がTELに出られないため

かけなおしてくれるという。

 

TELを少々緊張しながら待っていると、

まもなくかかってきた。

 

ネットの動画で聞いた同じ声のぬしが

そこにはあった。

 

せたがや整骨院の院長先生である。

 

自分はどうも

有名人や先生や社長という人を

目の前(この場合は電話の前?)にすると

緊張する。

 

これもサラリーマン時代に染み付いた

癖なのか・・・

 

院長先生は

自分の手術を受けてから

今までの状況や症状を話すと

非常に心配そうな声で、

「それはそれは大変だったでしょう」と言った。

 

さっそく診てあげたいのだが、

今非常に込み合っていて予定がいっぱいなので、       

3週間後でないと予定が空かないとのことで、

それでOKした。

 

それでようやくその3週間がすぎ

(待ちきれずに、その間にトリプルアプローチのDVDを購入)

想定外の逆進台風も九州沖に過ぎ去り

 

また猛暑が襲ってくる中

むしむしした東京は世田谷区に

 

新幹線と

迷いに迷った半蔵門線

東急世田谷線を乗り継ぎ

一路「せたがや整骨院」へ・・・

 

この道中は

体調が悪い人間には無理

 

よく病院の先生は

 

「具合が悪いときは、無理しないで病院に来てくださいね」

というが、

 

“本当に具合が悪い人って病院行く元気さえもありませんから・・・”

と思う。

 

予約時間にやっとの思いで間に合ったと思ったら

そこから1時間待ち。

 

やはりここの整骨院は超人気らしく

自分の前に5人ぐらいいる。

 

受付の女性に

「初診の方は一番最後ですから」

と言われ

順番が来るまで

(誰もいなくなるまで)

整骨院の治療スタイルなどの解説DVDを

見せられた。

 

そうして

とうとう待ちに待った自分の番がやってきた。

 

施術室のカーテンを開けると

あのYouTubeの院長先生がいらした。

 

初診の日はあまり治療はしないで、

問診と触診に重きを置くようだ。

 

それは、

現状の自分の体の状態をよく知るため

という事で、

いろいろ診てもらったら、

身体の右側が全部悪いという事だった。

 

体の右側がかなりコリはひどいし

(鋼鉄のよう)

腰痛も右側だし

頭痛も右側だから納得。

 

院長先生の診断の中で、

右腕、右足の力も入りにくくなっていることがわかり、

どうやら右側の神経の伝達も悪くなっているとのこと。

 

今日の施術のメインは

YouTubeで見たあの右側肩甲骨付近の

「指一本の指圧」が4か所。

それから

頸椎の指圧2か所の

計6か所であった。

 

院長先生は

「これは少し痛いかな」と言いながら

「指一本の指圧」をするのだが、

余りにもコリすぎているのか、

痛くも何ともなくて

余りにも自分の体が悪すぎてガッカリ。

 

院長先生が言うには余りにも悪すぎて

今日一日だけでは

施術の結果が表れにくいとの事で

「10回くらいは通院が必要」という事に。

 

頻度は一週間に一回。

この暑さの中である。

 

一応来週の予約は入れたのだが、

来週から週一で世田谷に通う羽目になるのかと

すこし気落ちした。

 

でも帰りの自分の後ろ姿を見た妻が

「姿勢が少し良くなってる」と言い

娘は

「目の下のクマがない」と言うので、

 

少し効果があったかな・・・思いながら帰宅。

 

帰ってからも

妻や娘が

「帰りのお父さんの行動がきびきびしていた」

という事を言っていた。

 

やはり少し効果があったみたいだな。

と思った。

 

実は次の日、自分の52歳の

誕生日なのだが、

 

少し効果があったというプレゼントなのかなと思った。

 

その日は1日早い誕生日プレゼントを

息子からも貰った。

 

良い一日だった。

 

だが次の日の朝

頭がすっきりして

久しぶりにすがすがしい朝を迎えることができた。

 

せたがや整骨院

「トリプルアプローチ」は

実はかなり体に効いているようだ。

 

トリプルアプローチ

実におそるべし。

(なんか大げさ)

 

来週も世田谷に行くか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はペインクリニックに来ています

ここ3週間ばかり、

決まって土日になると

頭痛(右側前頭部)と吐き気が

襲ってきて

なにも食べられず

終日寝たきりになってしまう。

 

前の日まで

何事もないのに。

 

相変わらず

食後に

ボルタレン

トリプタノール

かかさず飲んでいるが、

その影響なのだろうか?

 

それとも

最近買った

マッサージ機の

やりすぎか?

 

ここのところ、

容態が良くなりつつあったので、

3週連続のダウンには

いささか

ショックをおぽえる。

 

家族にも心配を

かけてしまった。

 

特に

妻はショックが大きかった

ようで

 

また

星条神経節ブロック注射を

再開した方が良いのでは?

という。

 

自分としては

まったく気が進まないのだが、

心配する家族に対して

反論する気も起きない。

 

ここはおとなしく

言うことにしたがうのが

家族円満の秘訣と自分に

言い聞かせ、

本日のペインクリニックの

受診となった。

 

それも

予約無しで。

 

ここの総合病院は

週一 木曜日しか

ペインクリニックやってない。

さすが

ド田舎の病院である。

 

でも

ド田舎なのだが、

近所の年寄りが言っていたが、

このへんは

昔から

天災が少ないところ

なのだとか。

 

以前、

地元のハザードマップを見ても

なに色にもなっていなかった。

 

今回も

念のためハザードマップ

見てみたが

何色にもなったなかったので

大丈夫だとおもう。

 

過信は禁物なのだが。

 

 最近も

西日本では

異常なほどの豪雨があり、

特に広島の死者が多い。

 

自分の兄弟が

兵庫に居るのだが、

兵庫は広島より大変ではない

ようなので

恐らく大丈夫だろう。

 

なにかあれば、

子供どうしで

LINEを頻繁にしているので

LINEで連絡があるだろう

という事で

連絡はとっていない。

 

ところで、

今回の星条神経節ブロック注射は

左側の首にしてもらった。

 

担当医は

自分の首を何度もさわって

必死にポイントを探していたのだが

なかなかわからないようで

苦労していた。

 

首を感度も押しながら

ポイントを探すため

これが結構痛い。

 

やっとポイントを探しあて

いざ、注射針をさす。

 

喉の左側に

いやな鈍痛が走り

キシロカイン剤が

入ってきた。

 

キシロカイン

最後のあたりになると、

「ブチュッ」と

音がする。

 

「ブチュッ」と音が鳴ると

薬が効いてくるらしい。

前に誰かのブログかなんかで

読んだ。

 

そのとおりなのかどうか

わからないが、

 

脇腹が痛くなってきて、

呼吸がしにくくなってきてた。

 

これは

前にもあったので

あまり驚きはしない。

 

それから

左腕の親指から腕にかけて

しびれてきた。

 

そうこうしてたら

左目が開けずらくなってきた。

 

今回は

結構効いているようだ。

 

30分くらい寝ていたのだが、

なかなかしびれが引かない。

 

担当医は

もう少し休んで行った方が良いと

言ったが

多分、

精算している間に

しびれは治まってくると思う。

と言い、

処置室を出た。

 

精算を終え

脳神経外科に行く日を

待たずして

マクサルトが無くなりそうなので、

ペインクリニックの担当医に

頼んで処方してもらった

マクサルトを受け取り

駐車場に向かった。

 

車に乗り込んでも

まだしびれが取れてなかったので

今、

このブログを更新すべく

このブログを作成している。

 

実は

ペインクリニックには

午後にきたのだが、

午前中は

太陽がいい具合に

雲に隠れていて

涼しかったので、

妻に言われていた

家庭菜園の耕耘機がけを

していたのだ。

 

家庭菜園とっても

結構な広さなので

涼しいのだが

汗がダクダクだった。

 

病院に行く前に

倒れたら洒落にならないな、

と思いながら

全部終わらせた。

 

体調は良かった。

 

でも明日か明後日には

ダウンするかも。

 

星条神経節ブロックが

効いてくれる事を祈る。