聴神経腫瘍 鞘腫の手術前と手術後

2016年5月に聴神経腫瘍鞘腫になり、2016年8月に開頭手術をうけました。術後は、頭痛や首の痛み、めまいに悩まされ、苦しんでいます。日々、早く社会復帰できるように、がんばっています。

ピエール瀧が捕まったコカインについて

ピエール瀧が今、コカインで逮捕され、世間をお騒がせしています。

 

彼は、人気があったので、

いろんな方面で活躍されていたので、

 

賠償金が5臆とも10臆とも言われています。

 

小市民の私達からすると、

想像できない世界の話に思えますよね。

 

違法とされている薬物を長年使用してきたために、「御用」になってしまいました。

 

麻薬Gメンには、かなり前からマークされていたのでしょう。

 

コカインは「その筋」の方々とお付き合いがないと、手に入れられないと聞きます。

 

おそらく、芋づる式に逮捕者が出てくるのではないかと囁かれています。

 

でも、今日自分が言いたいのは、

そんな事ではなく、

コカインってそもそも体にそんなに害なのか?

と言う事。

 

常習性について言えば、

1位 ヘロイン

2位 アルコール

3位 コカイン

です。

 

アルコールの方がコカインより常習性が

あるようです。

 

アルコールに酔った人が、

チカンしたり、

交通事故起こしたり、

時には危険運転致死傷罪を起こしたり、

障害事件起こしたりしていますね。

 

コカイン取り締まる前に

アルコール取り締まったらって言いたいです。

 

国に税金入るからアルコールは良いのですか?

 

コカ・コーラには昔、コカインが入いっていたのです。

だから「コカ」コーラなんです。

 

今でも入ってるという噂もありますが。

 

最近、フランスのコカ・コーラ工場でコカインが見つかったらしいと、どっかの議員さんが言ってました。

 

そういえば、コカ・コーラも人によっては、常習性がありますしね。

 

ヨーロッパは、コカインが合法という国がいくつかあるらしいです。

 

適量だとリラックスできたり、精神衛生上良いのだとか。

 

それから、日本でも、

医療でも患者さんの苦痛を和らげる為に、医療用大麻を使うケースがあると聞きます。

 

常習性から言えば、大麻より

タバコのニコチンの方が

強いのだそうです。

 

一説には、大麻の常習性はコーヒーのカフェイン程度という話もあります。

 

アフリカでは、

「カート」という草が

大麻のような効能があり、

庶民はそれを日常的に使用しているようです。

 

使用する事で、

精神的にリラックスでき、

ケンカもなくなるそうです。

 

ただ、リラックスしすぎて、

仕事にならないらしいですが。

 

ストレス社会といわれる日本ですが、

お酒でストレス解消できる人は良いですけど、

 

なかには、アルコールが合わない人も

います。

 

そういう人は、

どうやってストレス解消すれば

いいのでしょうか?

 

スポーツ? カラオケ?

 

ちょっと前まで、カジノは違法でした。

でも、先月、限定的ではありますが、

カジノ法案が決まったようです。

 

このように、大麻もそろそろ、

限定的で使用可になる日も

遠くなさそうな気配?!

 

私のように病気の後遺症で

痛みに苦しんでいる人達は多いと

思います。

 

鎮痛剤よりも安全と言われている

ものの一つに「大麻」があります。

 

昔から日本では「大麻」とは

生活必需品として、長い付き合いがあり、

なくてはならないものだったといいます。

 

近年において

大麻は悪いものだという

国民への刷り込みがなされ、

今ではすっかり悪者扱いです

 

一般で流通しているものは違法で、

医者が認めると医療用でOK?

 

コカインは暴○団が絡んでいるからダメなのはわかるとして、

 

大麻は、タバコが売れなくなるし、労働力低下するので税収が減るからダメ……

ということですかね?

 

国民は働き、休憩中の一服でも税金を払い続けろ……

と言う事ですかね?

 

 

なんか釈然としませんが……

 

なんか、コカインで始まったのに

大麻で終わりました。

(まとまり悪くてすみません(笑))

 

 

花粉症でなぜ頭痛が起こるのか?

この時期に辛い花粉症ですが、花粉症の症状はいろいろありますね

花粉症の症状は、

・鼻水が止まらない

・鼻詰まり

・くしゃみ

・目のかゆみ

・咳

などがありますが、

「頭痛」とか「頭がぼーっとする」などの

頭に関しての苦痛は

脳神経てきになぜ起こるのか?

 

気になりましたので、

調べてみました

 

花粉症の頭痛は、鼻詰まりにある

花粉症で鼻詰まりが続くと

鼻の炎症で鼻の粘膜が腫れあがり、

 

鼻の空気の通りが悪くなり

脳に十分な酸素が供給できなくなり、

脳が酸欠状態になます。

 

酸素が欲しい脳は

血流を増やしてなんとか

酸素を得ようとします

 

血流が増やすと血管が膨張します

 

その時に血管が神経を刺激するので、

頭痛が起こるそうです

 

頭がぼーっとなるのは、

脳が酸欠状態だからなのですね。

 

それから、

体内では花粉に対抗して

ヒスタミン」という物質が出てきます

 

これが大量に体内で放出されると

目や鼻の粘膜で炎症が起こります

 

ヒスタミンは、血管を膨張させる作用もあり、

これが頭痛の原因ともなります

 

 

それでは、鼻水を止める為に薬を服用したら?

辛い鼻水鼻詰まりで薬を服用すると

眠くなったり、ぼーっとしたりするという

話はよく聞きますが

 

それはそれで

辛いですよね?!

 

そもそもヒスタミン

鼻や目ではアレルギーを引き起こしますが、

 

脳では、日中眠くならないように働いたり

学習能力を高めたりするのが

ヒスタミンの役割です

 

花粉症の薬を服用すると

ヒスタミンを出にくくするので

目や鼻の炎症は治まってきますが、

 

脳への働きが減るので、

眠くなったり

ぼーっとなったりしてきます

 

こうなっては本末転倒です

 

最近では

抗ヒスタミン剤が脳へ影響がしにくい

花粉症の薬が出ているようです。

(嵐の大野君とK1の桜庭さんが出ているCMのアレ〇ラとか)

 

 

 

そもそも悪いのはスギ花粉

花粉症を引き起こす花粉は

たくさんありますが、

 

杉の木を除き

その他の花粉は大昔からあったのです

 

でも大昔はここまでの

深刻な花粉症は無かったと思います

 

ここまでひどい花粉症は戦後の

杉の植樹のせいでこんなことになってます

 

昔は杉と言えば

建築材料として重宝されていました

 

杉は植樹されて

建築材料として使われるまでには

20年~30年かかり

 

20年~30年目には

杉は伐採され

また新たに杉を植樹して

 

また20年~30年経ったら伐採する

というサイクルが

戦前は保たれていましたが、

 

戦後50年ごろから

国産材は割高なことから、海外の木材が

日本国内で使われるようになってしまいました。

 

現在では、「地域復興」のため

宅建築に県産材(主に杉)を使う事で

行政ではそのような建築物には

補助金」を出しています。

都道府県によって違いますが、だいたい1棟につき20万円~)

 

ですが、最近の住宅は

「長期優良認定住宅」とかなので

殆どがJASマーク付きの構造用集成材を使用するため

杉を初めとした県産材の使用は極端に少ないのです

 

そうしている内に

戦後植えられた杉は

使用できる30年目をとっくに過ぎてしまいました

 

そうなると

樹齢30年を過ぎた杉の木は

花粉を大量に放出していきます

 

いま、バンバン花粉を放出している杉の木。

 

早急に杉の木を伐採することが急務なのです。

 

 

そうは言っても、なかなか伐採が進まない理由は?

戦後復興の為、

国策として全国津々浦々に植えられた

杉の木ですが、

 

今となっては

バイオ燃料とかに使うしかないのです

 

しかし問題があって

 

・高齢化などで林業の業者(職人)が減っている

・そもそも、杉の使い道があまり無い

・伐採地まで工事車両が入って行けない

・政府が伐採のための予算を組まない

 

という事が考えられます。

 

 

 

これはもう、単なる花粉症ではなく国民病(公害)

花粉症は単なるものではなく

今や水俣病イタイイタイ病四日市ぜんそくと同じ

国民病」であり、

花粉は「公害」です

 

このまま放置していけば

近い将来大変なことになると思います

 

交通事故や重大な事故も

花粉症という名の国民病によって

引き起こされていると思います

 

 

やっぱり花粉症は、杉の植樹(国策の失敗)が原因だと思います

 

どう考えても

ここまでの国民の花粉症の重篤化は

政府の国策である、杉の木の植樹が原因

 

 

政府は国民の生活を守るのが義務でしょうから

樹齢30年を超えた全国の杉の木の一斉伐採と

定期的に杉の木を管理していけるシステムの構築を

急いでほしいと思います

 

そうすれば、花粉症を初め

いろいろ変な病気が無くなる気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラダ油を使った食物は食べてはいけない

サラダ油は毒物!

脳科学的検知から

サラダ油は食すると

認知症になるという事を聞きましたので

シェアしたいと思います

 

一般的に植物油は安全と

言われてきましたが、

本当は

食べてはいけない!

そうです

 

中部大学総合工学研究所特任教授の

武田邦彦さん

youtubeで説明しています

 

 

ここ最近の研究では

植物油、特にサラダ油は

食すると認知症うつ病

発症するという事です

 

なぜ、危険なのに普通にCMしているのか?

はなはだ、理解に苦しみます

 

(やはりそこには、大手メーカーと

テレビ局の癒着があると思います)

 

サラダ油の語源は?

そもそも「サラダ油」って

なぜ、サラダ油って言うのでしょうか?

 

むかし、油を天ぷらくらいにしか

使用してなかったとき、

「サラダにも使用できる油」という事で

当時日清オイリオが販売し始めたのがきっかけ。

 

 

サラダ油の成分って何?

キャノーラ油

大豆

トウモロコシ

ヒマワリの種

ゴマ

ブドウ

以上の成分のうち

2種類以上を調合したのが

「調合サラダ油」と言い、

 

スーパーで売っている大手メーカー

のサラダ油は

「大豆」と「キャノーラ」の

2種類を混ぜたものです。

 

※キャノーラ油・・・遺伝子工学遺伝子組み換え)で作られたセイヨウアブラナの品種。

 

 

サラダ油がなぜ危険なの?

大豆とキャノーラ油にはリノール酸が含まれているのですが、

最近の研究では

リノール酸は摂取しすぎると

善玉コレステロールを破壊し

酸化し、ガンに変身すると言います

 

花粉症やアトピー

血管を詰まらせる原因にもなる

との事です

 

200度前後の高温にさらすと

また一段と悪さをする物質に

変わるそうです

 

それは・・・

「ヒドロキシノネナール

という物質です

 

 

ヒドロキシノネナールって何?

人の体に入り込んで血流にのって

じわじわと人の脳細胞を酸化させる、

脳細胞を破壊する物質なのです

 

 

遺伝子組み換えのキャノーラ(菜種)を使用している事も危険な理由!

遺伝子組み換えの食物を摂取することにより

 

1.脳や他の器官がスカスカに軽くなる

2.免疫機能が低下する

3.大きい腫瘍ができる

            ※ラットの実験データより

 

海外では遺伝子組み換えの食物を摂取するのは危険という

考えがあたりまえですが、

日本では情報操作されていて

遺伝子組み換えがいかに危険か知らない

日本人は多いのです

 

 

 

もっとある!サラダ油の危険

 

◆サラダ油の製造段階でヘキサンを使用している

ヘキサンは石油製品なので体に良くないのはわかりますよね?!

さらに、この工程で高温加熱するので、ヒドロキシノネナール

出ますし、栄養分は確実に無くなります。(´;ω;`)ウッ…

 

◆高温で加工するため、トランス脂肪酸がでてきます

動脈硬化やアレルギー、肥満、心疾患の原因ですね。

 

◆さらにサラダ油が酸化しないように

BHAとBHTという酸化防止剤が入っている

 

BHAを2年間餌に混ぜてラットに与えたところ

胃がんを発症させたとの事です

 

BHTをラットに与えたところ

全てではないが

肝臓がんを発症した個体があったという事です

 

 

サラダ油を摂取したことにより何の病気等のリスクがあるか?

動脈硬化・ガン・糖尿病・高血圧・狭心症・アレルギー

不妊症・死産・流産・花粉症・認知症・肥満・うつ病

心筋梗塞など

 

これらの病気等、心当たりのある方は

サラダ油摂取、今日から禁止です

健康な人もね!

 

 

じゃあ、何の油だったら良いのか?

1.本物のエキストラバージンオイル

2.ドレッシングなら低温圧搾の亜麻仁油

3.低温圧搾のえごま油

4.なたね油(国産)

5.紅花油(高オレイン酸油)

6.米油(高級)

 

やはり、いい油は値段もいいですね!

 

でも、油替えることにより

健康を維持できるのであれば

安い買い物かもって、思えるのですが。

 

ガンとか病気で手術するのはこりごりですよ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人脳外科医のスーパードクター

2月26日のTBSテレビでやってました

1番だけが知っている日本にスーパー医師が!

頭蓋骨に穴…楽器を演奏させたまま手術」!!

 

手術の仕方が衝撃的でした

 

手術されているのは

バイオリニストや

ギタリスト、ピアニスト等の

楽家の方々だったんですが

 

この方々の病名が

「局所性ジストニア」というもの

 

これが何かというと

 

ピアニストさんや

ギタリストさん、はたまた

バイオリニストさんって

 

練習する時って

同じところを繰り返し繰り返し

練習する事ってよくある事だと

思うのですが

 

そういった練習を続けていると

脳が指令異常という事を起こし

 

ある日突然

そのパートに差し掛かると

指が動かなくなったりする現象らしい

 

こうなると

プロとしている方々にとっては

致命的です

 

以前まで

このような症状は

「心の病気」とされてしまい

 

心療内科などにまわされ

結局治らずじまいで

プロとしての人生を

諦めざるを得ない状況だった

という事です

 

最近になって

その症状が

「局所性ジストニア」という

事が分かり

 

手術で治せるという

スーパードクターが

この日本にいるということで

 

その手術の光景を

TBSテレビでやっていたんです

 

そのスーパードクターは

東京女子医科大学の平孝臣先生」です

 

手術の方法というのが

先ず寝かせた患者さんの頭のてっぺんに

小さな穴をあけ

そこから細い金属の棒状の物を差し込み

 

脳の中心部の視床部を

金属の棒状なもので

200か所以上あるポイントを

刺していくような感じというか、

ここら辺は良くわからないのですが

 

何でもその「局所性ジストニア」の症状が

手術中に起きなければ治せないので、

 

患者さんは皆、

術中は意識は完全に起きた状態で

なおかつ

各々の楽器演奏を術中にしながら

(寝ながらバイオリンを弾いたり

ギターを弾いたり、ピアノを弾いたり)

 

その「局所性ジストニア」」の症状が

出るまで演奏し

 

症状が出た瞬間に

平先生が脳の視床の悪い部分を

金属の棒状のもので探し

 

患部が分かったら

(多分レーザーみたいな器具で?)

その患部を焼くらしいです

 

脳部分は痛みを感じる神経が

無いので

 

患者さんは意識があっても

痛みは無いのですね

(当然、硬膜など穴開けるので、

痛いから麻酔をしていると思います)

 

 

ただし

この術式を行う医師は

日本にも世界にも

この「平孝臣先生」ただ一人という事です

 

 

今までは

「局所性ジストニア」などという

病気が分からなかった時代は

 

スポーツ選手など

この病気でやむなく

その世界をあきらめていった人は

数知れないのではないかと

 

平先生は言っていました

 

なかなか人間の脳って

奥が深いなと思いました

 

これからも

平先生にはがんばっていただきたいと思うし

この手術ができる

医師が増えていってもらえれば

 

救われる人は

たくさんいと思いますから

是非がんばってほしいと思います

 

 

 

 

 

 

息子がスノボで骨折しました

私の息子がスノボに行って

まさかの「骨折」!

(と言ってもヒビですが)

 

救急車で病院に搬送されました

 

運ばれた病院は

たまたま自宅の近所で

 

スノボに一緒に行った

友人の車に乗せられて帰宅

 

ギプスを付けた状態で

無残な姿

 

その姿を見た妻は

悲鳴にも似た声をあげて

 

2階にいた私は

その声で、悲惨な姿を

見なくても想像ができたのは

言うまでもありません

 

スノボが如何に危険なスポーツか

 

ある統計では

スキーよりスノボの

事故が多いらしいです

 

でも

重篤なケガは

スキーの方が多い

と言うことです

 

それは

スキーの方がスノボより

スピードが出やすいから

らしいです

 

逆に言うと

スピードさえ出さなければ

スキーは重篤なケガは

しにくいと言うことなのでしょう

 

今回息子のケガは

鎖骨骨折だったので

(と言ってもヒビですが)



f:id:rock-nat2:20190224102409j:image

痛さで腕が全然

上がりません

 

というか

痛さで動かせません

 

職場復帰は

少なくとも2週間は

かかりそうです

 

さらに

車の運転が出来るように

なるまでには

一カ月くらいかかりそうです

 

つづいて

スノボの事故で

ケガの多い順に調べて

見ましたので

スノボをやる方は

ご参考まで

 

1位

過傷擦(さっかしょう・すり傷)

挫傷(ざしょう)・打撲傷(だぼくしょう)

※挫傷・・・深部の骨、腱、内臓を損傷する事

 

2位 骨折

 

3位 脱臼 捻挫

 

4位 筋・腱・血管の損傷

 

5位 刺傷 切傷

 

6位 内臓 頭蓋内損傷など

 

なんか5位以外は

かなり致命的なケガです

 

これを見て

まだスノボをやりたい方は、

 

1、プロのインストラクターに教えて

もらう

 

2、障害保険に入る

 

3、社会人の人は、給与保証保険に

加入する

 

などの対策をとったほうが

安心ですね

 

何にせよケガすると

家族に心配をかけるし

 

職場にも迷惑かけますから

気をつけたほうがいいですね

 

 

 

 

セカンドオピニオンは必要か?

聴神経腫瘍の治療に関して

以前私は「選択肢は3つ」

と言いました。

 

1つ目は、経過観察

2つ目は、放射線治療

3つ目は、開頭摘出手術

です

 

私の手術直前の手術腫瘍の

大きさは「18〜24ミリ」

だったので

 

放射線治療を選べる段階

でした

 

大病院も2箇所まわり、

その1つの病院は

放射線治療否定派」の病院

 

そしてもう1つは

放射線治療も治療法の1つ」と

考える病院

 

でも、どちらの病院も

開頭摘出手術を勧めてきました

 

どちらの病院の医師は

開頭摘出手術で

患者にかかる体力的な負担を

軽く考えていたし

 

手術後のかなり大変な後遺症に

ついて

真剣に考えていなかった

と思います

 

後遺症が

顔面麻痺や髄液漏れのみならず

 

極度に酷い肩こり、頭痛

頭のあちこちの神経痛だったり

毎朝のどよ〜んとした

スッキリしない頭の中

 

これが、2年半たった今も

続いています

 

手術後に医師から聞いたのですが

私の腫瘍は膿疱状態(腫瘍自体が溶けて

原形が無いような状態)で

経過観察にしても良かった状態

 

確かに手術直前の病状は

右顔面に感覚が無くなって

多少めまいがしてましたが

 

特に今すぐ摘出手術を

受けないと命の危険がある

などと言う事はなく

 

もし、医師から

経過観察にしてみますか・・・

 

の様な打診でもあれば

そうしていたと思います

 

先の2件の大病院の医師たちは

とにかく実績を上げたくて

開頭摘出手術を勧めて来たのだと

思います

 

今思えば

本当に患者の事を考えてくれる

医師を探すべきだったのかも

しれません

 

セカンドオピニオン

判断するのは時期尚早

 

これから手術するかどうか

迷っている人は

「サードオピニオン」も

常に頭に入れておいてくださいね

 

 

 

 

 

聴神経腫瘍と診断され、手術になった場合

聴神経腫瘍になった場合

腫瘍の大きさにもよりますが

 

取るべき方法は

3つあります

 

1.何もしないで経過観察

 

2.放射線治療

 

3.開頭摘出手術

 

この中から

選択しなくてはなりません

 

不幸にも

腫瘍の大きさがある程度あると

開頭摘出手術となり

 

もしあなたが

開頭摘出手術となった場合

 

手術後の後遺症として

 

 

 

1.平衡感覚障害

 

2.聴力の低下

 

3.髄液漏れ

 

4.顔面麻痺

 

5.ハンパない頭痛、肩こり

 (個人差がある)

 

以上の項目に対して

覚悟がいります

 

1の平衡感覚障害は

手術後の治癒の早さに個人差があるので

治りの早い人で数カ月

遅い人で数年かかりますが

徐々に回復すると思います

 

2の聴力の低下は

殆どの人が聴力が低下しますし

殆ど聞こえなくなる人もいると思います

それに回復は期待できないでしょう

 

3の髄液もれは

しっかりした手術の実績がある病院

だったら大丈夫だと思います

病院選びの際に、医師に聞きましょう

 

4の顔面麻痺も

しっかりした、顔面麻痺の無い実績のある

病院だったら大丈夫だと思います

手術前の病院選びの際に

しっかり主治医などに確認しましょう

 

5のハンパない頭痛や肩こりは

普段、体が硬い人に起こりやすいと

思います

 

体が硬い人は、覚悟しておきましょう

 

私もそうですが

体調不良が続きますから

職場復帰は2〜3年難しいです

 

これはあくまでも

私が経験している事なので

個人差があると思いますが

 

私の主治医が言うには

体調不良を訴える人は、

少なくないようです

 

手術後殆どの人が

『なんか頭の中がスッキリしない』

という症状は暫く続くと思います

 

手術前の主治医が言う

『そんな深刻に考えなくて大丈夫』とか

『手術後は1ヶ月もすれば仕事復帰できる』

などと言う言葉は

鵜呑みにしない事です

 

相当辛い状況での

仕事復帰となります

 

下手すると

仕事復帰により体調を崩して

長期休暇を取らざるを得ない

状況になると思います

 

早期に職場復帰して

帰って悪化した

(めまいや頭痛)

私の経験からお話し

させていただきました