聴神経腫瘍 鞘腫の手術前と手術後

聴神経腫瘍鞘腫になってからの、手術前と手術後の症状と心境を気軽に書き綴ってみたいと思います。

障害年金3級に認定されました

聴神経腫瘍の手術の今年の3月くらいから

社労士さんに依頼していた

障害年金の受給申請の

受給決定の通知が

11月になって

ようやく

郵送されてきた。

 

3級12号という事なのだが

簡単に言うと

9月分から

月々約5万円が

支給されるらしい。

 

期間は再来年の

7月まで。

 

そこからまた

医師の診断を受けて

悪化したか、良くなったか、変わらないかで

次の受給金額が決まる。

 

病状が良くなると

等級が下がるので

受給自体が無くなる場合もある。

 

2ヶ月分が

一緒に銀行口座に振り込みになる

との事たが

 

一回目の振り込みは

自分の場合は月が半端なので

3ヶ月が振り込みになるらしい

のだが、

 

社労士さんに

成功報酬として

一回目の振り込み分が

まるまる

引かれる。

 

仕方がない。

そういう契約である。

 

なので

来年の2月からの

振り込みぶんから

自分の物となる

 

金額的に

月々の病院代くらいの

ものか。

 

早く

この病状から脱して

年金などに頼らず

生きていきたいものだ。

 

ところで

知らなかったが

障害年金受給と

障害者手帳

物が違うらしく、

 

申請は別々なのだ。

 

知らなかった。

 

社労士さん、

「早く言ってよ!」

 

と思ったか、

気を取り直して

役所に電話。

 

障害年金よりハードルは低く、

一度取得すると、

更新は無く

ずっと使えるらしい。

 

変な話だね。

 

手帳には3種類あって

精神的疾患、体の疾患、それからあと一つ(忘れた)

 

比較的容易に取れるのは

精神的疾患の障害者手帳らしく、

体の疾患は

取りにくいらしい。

 

これも変な話だね。

 

これじゃ、

うつ病の人が増えるよね。

自動車税も安くなるようだし。

いろいろサービス受け放題だから。

 

中には

ホントのうつ病患者が

いるだろうに。

迷惑な事だよ。

 

ところで

自分の心配をしなくてはならないのだが

 

市役所の人が言うには

今通っている

病院の先生に

自分が障害何級か聞いて

障害手帳の診断を

してもらわなくてはならない

らしい。

 

それも

変な話だね。

 

ようするに

先生のさじ加減ひとつ

なのだ。

 

自分の主治医は

障害だなんて

認めそうも無い

 

手帳取得は

困難かもね。

 

 

 

 

聴神経腫瘍の手術後は、体調不良5年も

先日、息子の運転で、

月に一度の

脳外科の診察を受けてきた。

 

この日の診察は

メインが、保険会社の診断書を

記入してもらう事。

 

病状は最近は

比較的安定してきている。

 

でも、

無理は禁物。

 

薪ストーブにの薪割にと

薪割機を導入して

薪を割っていたのだが、

 

あまりにも

下を向き続けて作業していたために、

 

頭痛がしてきて

寝込んでしまった。

 

話は戻って、

 

その日も

主治医と

いつもと変りない

会話をしていたら、

 

女性で、聴神経の手術を受けたあと

5年ぐらい調子が悪いという人がいる

と、主治医が漏らした。

 

この前は3年くらい調子が悪い人がいると

言っていたのに、

今日は5年も調子が悪い人がいるという。

 

自分自身

この主治医のいう事は、

あんまり真に受ける事がなくなったので、

 

驚くことはあまりない。

 

ただ、

この主治医の病院だけで

聴神経腫瘍の執刀患者数は

150人とか200人とか言っていた。

いや、

もっと多かったかな・・・

 

まあ何にせよ

術後の不調を訴える患者は

多そうだ。

 

何かの方法で、

この病院で聴神経腫瘍の手術を受けた人と

話をしてみたいと思うのだが。

方法があれば。

 

これから

聴神経手術を受ける人。

 

差し迫って、

緊急に手術を受けなくてはならない・・・と

いう事でなければ、

 

その状況で、

いま通院している病院の担当医から

開頭手術を勧められているという事であれば、

 

今一度

開頭手術を考え直し、

 

まだ腫瘍がある程度小さければ、

ガンマナイフなどの

放射線治療に換えてみてはいかがだろうか。

 

結構体の負担になるんですよ、

頭を切るという事は。

 

2年たっても

働ける体に戻らない僕を見てください。

f:id:rock-nat2:20181025114529j:plain

 

 

男性もマンモグラフィーを受ける時代に

前回のリンパ腫の疑いの件と

胸(乳房)の痛みの件で

地元の総合病院を

訪れた。

 

リンパ腫(まだそうとは決まっていない)の件で

形成外科を受診したいという事を

受付の女性に聞いたら

 

乳房の方は

乳腺外科の方が良いのでは?

 

と提案され、

ちょっと抵抗があったが、

 

形成外科で乳房の方が

わからないといった場合

 

乳腺外科に回してもらうという事に

なった。

 

なかなか気が利く

受付の女性だ。

 

形成外科の方では

耳の後ろのしこりは

リンパ腫ではないという事に。

 

痛みもないし

大きさも5mmないくらいなので、

画像診断するにも

画像に入らないだろうという事で

心配はないらしい。

 

ただ

これより大きくなってくるようであれば

また診察にくるようにいわれた。

 

乳房の痛みのほうは

肋間神経痛の類ではないかと

言われたが、

 

形成の先生は

余り自信がないらしく

 

乳腺外科を受診するように言われたので、

乳腺外科の待合に行くことに。

 

さすがに

女性ばかり居るのだろうと

思い、

重い足を引きずって(大げさ)

乳腺外科に向かう。

 

想像通り

大半を占める女性。

 

でもその中に

2~3人

男性の姿もあり、

少し安心。

 

多分

奥さんの付き添いかなんかであろう。

 

幸運(不幸?)にも

乳腺外科のドア付近の席が空いていたので、

そこに座った。

マスクをかけていたので、

他からは顔は見えない。

 

知り合いにでも出くわしたら、

ばつが悪いので、

マスクは必需品。

 

地元の病院だと

これが嫌だよね。

 

さて

自分の順番が

廻ってきて

いざ診察室へ。

 

先生は、

現在内服している薬が原因で

女性ホルモンが増え、

女性化乳房になって

乳腺が張っているのではないかと

言っていた。

 

ネットで見た通りの事

言われた。

 

安心を得るために

マンモグラフィーをやりましょう。と

言われ気が引けたが

これも安心を得るためだ。

仕方がない。

これも貴重な経験と思うことにしよう。

 

マンモグラフィーの部屋には

女性の技師さんがいらした。

 

技師さんに聞いたら、

男性でもマンモグラフィーを受ける人が

増えているようだ。

 

やはり

男性乳がん

増えているのかも知れない。

 

ここからは、皆さんの想像通り、

乳房を無理やり引っ張られて、

機械のプレートに縦横に挟まれ、

左右で計4回の撮影となる。

 

機械にプレスする調整は

技師さんの足でペダルのようなものを

踏むとプレスが始まる。

 

少しづつペダルを踏んで、

挟んでいく。

 

挟みこみの痛みがマックスに来たあたりで、

プレスは一旦そのまま。

撮影の為5秒くらい痛みに

耐えなくてはならない。

 

5秒と言っても

痛みに対しての5秒は

それ以上に感じる。

 

縦プレス左右2回が終わると横プレスで

左右2回。

 

以前聞いたことがあるが、

乳がん検診で

この痛みに抵抗があって、

マンモグラフィーを受ける人が

少ないらしい。

 

いや~

ほんと、半端ないこの痛み。

 

この検査方法は

改善の余地ありすぎ。

 

また言っちゃうが、

ロケットで月面旅行ができる時代に、

こんな検査方法しかない

この世の中は間違っていると思う。

 

マンモグラフィーも無事終わり、

また診察。

 

結果は

先生の見立て通り

乳腺が張っていて

痛みが出ているとのこと。

 

薬の服用をやめれば、

治ると言われた。

 

とりあえず、

大事には至っていないという事が

わかって、良かった。

 

帰りに

会計を済ませたら、

¥2,500円程。

 

形成外科を受診して、

乳線外科を受診して

マンモグラフィーをうけて・・・

 

絶対一万円くらい支払いになるだろうと思ったが、

以外に安く済んだ。

 

今日は良い日だった・・・と

いう事にしておこう。

 

 

 

 

 

 

トリプタノールは女性化乳房になる?①

トリプタノール25mmの錠剤を飲み続けて

早や1年となる。

 

聴神経腫瘍の手術後の

頭痛、首痛にいろいろな薬を試したが、

自分には、「ボルタレン」と「トリプタノール」が

よく効くので

朝昼晩と各1錠ずつ飲み続けていたが、

 

度重なる吐血により

ボルタレンは自分なりに考え

少し控えた方が良いだろうと

ボルタレンは朝晩各1錠ずつにしていたのだが、

 

最近

左の乳頭のあたりが触れると「ビリビリ」痛いので

何だろうと、気になっていた。

 

最近では

男も乳がんになるらしいので、

 

これはひょっとして

その前兆ではないかと不安になり

 

ネットで調べてみた。

 

そしたら、

ある薬剤には、男性の乳房を肥大させる

女性化乳房化させる)副作用がある

らしい。

 

それは、

男性ホルモン(エストステロン)と

女性ホルモン(エストロゲン

のバランスの乱れから来るのだという。

 

女性ホルモンと乳汁分泌ホルモン(プロラクチン)

に何らかの影響が起こり発生するらしい。

 

三環系の薬では最強とされる

トリプタノール

このような副作用を

引き起こす可能性が

あるらしいので、

 

朝昼晩と、各1錠づつ飲んでいたところを

朝と晩だけにした。

 

最近は朝と晩だけでも

頭痛や首の痛みに耐えられるというか、

そこまで痛まなくなってきたので、

ありがたいことである。

 

ペインクリニックの先生に

相談してみたら、

トリプタノール女性化乳房

なるのかは、わからないとの事だった。

 

実はこの胸の痛みに加えて

左耳の後ろ側の耳の付け根部分に

小豆大かそれ以下の大きさの

シコリが出来ていて、

痛くも痒くもないのだが、

妻が

リンパ腫の可能性があるかも?

というので、

少し心配していた。

 

この事を医師に相談したら

脂肪の固まりかなんかだと

思いますが、

一応、念の為

形成外科にかかってみて

ください。と

言うことになり

別の日に

系列の総合病院に

予約をいれた。

 

この結果は

次回の診察後に。

 

 

聴神経腫瘍の頭の傷はこんな感じ

聴神経腫瘍鞘腫の開頭手術

 

術後はこんな傷になります。

f:id:rock-nat2:20181025114529j:plain

 

ホチキスのように見える

ステープルで縫合

 

 

 

ステープルの材質はステンレスのようで

ポリテトラフルオロエチレンというものでコーティングされている

との事です

 

妻に

「まるで電車の線路のようだ」と言われました。

 

4日後くらいに抜糸ならぬ

ステープルリムーバーなるもので

「抜鈎」となります

 

 

 

糸でないからね・・・

 

抜鈎は痛くはないですが

写真を見ると

2か所穴のようなところから

内部に溜まる血を抜くための管が出ていたのですが、

 

術後の翌日くらいに

抜き取られます

 

そこを再度ステープラー

「バチン、バチン」と

傷口を止められますので

それが痛いです

 

 

ところで

下に載せたイラスト↓

 

f:id:rock-nat2:20181025122216j:plain

脳外科の主治医が手術前に

書いて説明してくれました。

 

イラストと比べて

下の術後の映像の

切開跡の方が

明らかに大きいと思う。

 

f:id:rock-nat2:20181025114529j:plain

傷の長さはどう見ても

イラストの12センチには見えない

 

この規模の長い切開跡を

ギュッと頭の皮を手繰り寄せて

縫合するのだから

後から頭が皮に引っ張られて

頭痛がしてくるのかも知れないと、

 

長引く

原因不明の頭痛に対して

そう言う思いがして来た

 

手術後に

ネットで見たのだが

 

なんのサイトか忘れたのですが

 

後頭部を縫合する場合

ステープルを使用しては

いけない

と、いう説明書きを見た事がある

 

もしかしたら

頭痛と関係あるのかも知れない。

 

関係あるのか無いのか

解らないが

 

自分の頭皮は結構硬いらしい

 

このままだと

将来剥げるかもよ。

 

と、妻にからかわれた事が

あったのだが、

 

頭の皮が硬いのであれば

縫合もさぞ大変だったのでは?

 

相当頭の皮

引っ張ったかもな。

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 








電車が異常事態で止まりました

聴神経腫瘍の手術の後遺症で

頭痛やめまいが治らず

内服薬による治療と

ブロック注射、

それから、

整体というか指圧にプラス

バイタルリアクトセラピーという

治療を

週1で受けています。

 

毎週火曜日は、指圧プラスバイタルリアクトセラピー。

 

毎週木曜日は、ブロック注射。

 

内服薬は月末に1ヶ月分処方して

もらっています。

 

今日は

指圧プラスバイタルリアクトセラピーの日

なのだが

帰りの電車が止まってしまった。

 

線路内に車がハマったらしく

その除去作業のためらしい。

 

間もなく電車は

走ってくれたのですが、

 

約8分の遅れ。

 

多分

踏切りかなんかで

お年寄りか若者かわかりませんが、

車で脱輪したのかな。

 

前々から思ってましたが

道路とレールが交差している

「踏切り」という構造が

もはや

変な構造だと

自分は思います。

 

今や

月に旅行ができそうな

時代です。

(まだ出来ないですが)

 

せめて

この危険な構造である

「踏切り」は

無くしたほうが良いと

思います。

 

月面旅行も良いですが

もっと身近に

改善しなくてはならない事、

沢山ありますよ。

 

 

 

 

 

矢板の花火、2年ぶりに観てきました

大きい花火は

腹に響いてきて

迫力がありますね。

 

何尺玉かはわかりませんが。

 

スマホで動画撮影したので、

ご覧ください。

 

平成最後の矢板の花火。

 


平成最後 矢板の花火 2018年


平成最後 栃木県矢板市花火 2018

 

動画にすると

花火が遠くに見えるようですが、

 

実際は

もっと大きく

見えていました。

 

神経鞘腫の術後は

一昨年と去年と

体調が悪くて、

全然見に来れませんでした。

 

今年もダメかなと

思いましたが、

 

事前に

トリプタノール

ボルタレンを飲んできたので、

大丈夫でした。

 

特設駐車場は

花火の打ち上げが

あと1時間後という状況だったので、

イベント会場により近い

特設駐車場は満車でした。

 

会場まで1キロくらい遠い駐車場が空いていたので、

そこから会場までがんばって歩きました。

 

寒さ対策で裏地のあるズボンを

履いてきたのに

会場に着いた頃は汗かいてました。

 

場所もいい場所はすでに

シートを敷かれていて

場所取りされてましたので、

打ち上げ会場から

少し離れた空き地で花火を

観覧しました。

 

 一番いい場所は、VIP席で

¥3,000円だそうです。

来年はVIP席で見ようと思います。