聴神経腫瘍 鞘腫の手術前と手術後

聴神経腫瘍鞘腫になってからの、手術前と手術後の症状と心境を気軽に書き綴ってみたいと思います。

三回目はトリガーポイント注射

先週、トリガーポイント注射を受けた。

 

首が痛いのと、頭痛は連動しているため、首の痛みが無くなれば頭痛も和らぐと思い、

試しに首の痛い所へ直接痛み止めの注射をしてほしいと医師に相談して、トリガーポイント注射を試してみることになった。

 

まず、自分が「ここです」と痛いところに指をあて、医師がその場所に注射をするという。

 

「神経がたくさん通ってるとこなので」と

医師は前置きをし、いざ注射針を刺そうかという瞬間、「あれ、どこでしたったけ?」

と言われたので、もう一度指で指した。

 

そそっかしいのか、緊張しているのか?

こっちまで緊張してきた。

 

やはり針を刺す瞬間は痛いし気持ちのいいものではない。

でも、首の痛みはなくなったので良かった。

 

その日、就寝後AM1時くらいまでは注射の効能があった。

じつはそのトリガーポイント注射を受けた日に、

トリプタノールという薬を寝る前に服用するようにと処方されていたのだった

が、飲まずに寝た。

 

トリガーポイント注射がどのくらいの時間効いてるのか確認のためだった。

だから、ボルタレンも飲んでいない。

 

夜中に首が痛くなってきたので、ボルタレンは飲んで寝るべきだったかな、

と思いながら、朝方まで我慢して寝た。(寝たふりをした)

 

ただ、トリプタノールの効能や副作用のことをウェブで調べたら、

うつ病、夜尿症、末梢神経障害性疼痛に効く薬で、結構むかしからある薬だという。

 

副作用の欄には、「自殺願望のある人は服用に注意すること。」とか

「悪い衝動に駆られる」とか不安になる項目があった。

 

三環系に良く効く最強な薬で、抗うつ剤として最後の切り札とされているようだ。

とりあえず、10mmを2個、夜寝る前に飲むように言われた。

 

こんな薬を処方されるなんて、

とうとう来るべき時が来たか?なんて良くわからない気持ちが

湧いてきた。

 

1日置いて次の日の夜から飲用してみたが、

10mm2個だからか、対して体の変化は無かったような気がした。

口渇があるらしいが、あまり感じなかった。

部屋が乾燥しているのか口が少し乾くなぁ・・・くらい。

 

ただ、めまいの様な浮遊感というか、症状が強くなったような・・・

(いつもめまいや浮遊感があるので、よくわからん)

 

次、病院へ行く時まで飲み続けてみる事にする。

でも、気持ち悪くなったら飲むのをやめるけど。

 

 

 

 

 

 

後頭神経ブロック注射 2回目を受ける

2回目の後頭神経ブロック注射を受けた。

待ち時間、なんと1時間半。

予約をしているのにもかかわらずにだ。

 

確かに患者さんは多かった。

ついでに、

おしゃべりな患者さんもいた。

 

おしゃべりな患者というのも珍しい。

ホントに具合が悪くて病院にきてるの?

 

1時間半待って、

ようやく呼び出されたのだが、

先生といろいろ話をすると、

「前回の後頭神経ブロック注射を今日もやってみましょう」

それから、薬も出すという事になり、

リリカやトラムセットは体に合わないと言うと、

テグレトールという薬を出すので飲んでみてください。

リリカよりは弱い薬だから、多分効くと思いますよ。

もし、具合が悪くなったら飲むのをやめてください。」と

言われた。

 

それから処置室に行って、

注射をして、5分様子見して、

全体で所要時間15分程度。

1時間半待って、

そんなもんで終わった。

なんか疲れる。

 

ところで今回の注射は、

頭の頂頭部へは痛みが響かなかった。

注射する場所が若干ズレたのかな?

後頭部を触ると腫れているのがわかる。

先生は、

「注射を打ったばかりなので、薬が溜まってる」

と言っていた。

 

それに前回は、後頭部が麻酔で感覚がなくなって

しまったのに対して、

今回は余り麻痺していない。

 

同じ注射を受けてこれはどういうことなのか?

ちなみに注射した先生は同じ人である。

 

妻はこの様子を見て

「怖~い」と言っていた。

 

まったく注射は怖いものである。

そして、

 

この先生だいじょうぶかな?

という念が湧いてくるのであった。

 

 

後頭神経痛ブロック注射を受ける

聴神経腫瘍の手術後の予後が悪いく、
色々治療を試してきたが、
中々試すのをためらってきた治療法がある。

それは、
「神経ブロック注射」

後頭神経ブロック注射や星状神経節ブロック注射や上頚神経節ブロック注射である。

ネットで見てみると、
危険度が高いという書き込みが多い。

ブロック注射というのは、
ペインクリニックという診療科で行うらしいのだが、
狙ったところに注射針を刺す技術は、
注射を打つ医師の経験値のみに頼らざるを得ないというところに恐怖を感じる。

前回通院したペインクリニックの時は妻の反対もあり、
星状神経節ブロック注射は行わず、
スーパーライザーというレーザーを当てる治療のみにとどまった。

でも今回は、
中々首の痛みや顔面の痛みが軽減せず、
相変わらずボルタレンに頼らざるを得ない自分の状況にいよいよ妻も業を煮やし、
「神経ブロックを試してみようか」という話になった。

でも、
以前通院したペインクリニックの先生は気が合わない、と妻が言うので、
(気が合わないというか、身なりが不潔そうな先生だったので妻は好かなかったという事)
どっか別のペインクリニックを探すことに。

そうして
以前聴神経腫瘍のMRIを撮ってもらった近所の総合病院「K病院」に
ペインクリニックがあるという事をネットで知り、
そこに予約を入れた。

いざ当日、
ペインクリニックに向かったのだが、
いきなり「星状神経節ブロック注射」となるのでは・・・
と非常に不安な気持ちになった。

やはり、
自分の気持ちの中にも「星状神経節ブロック注射」に対して
恐怖感はまだまだあった。

しかし、
予約の時間を1時間過ぎてもなかなか診察室に呼ばれない。
不安は募るばかり。

1時間を過ぎたあたりにやっと呼ばれた。

先生に現在の症状を伝えると、
「後頭神経ブロック」をやってみますか。という事になった。
注射針も短いし、すぐ終わるという。

星状神経節ブロック注射ではなかったので意外な展開、
と思いながらベッドにうつ伏せに寝かされた。

妻は「心配だから注射するところを見たい」といい
処置室まで入ってきた。

先生は、看護師さんと「27でいいかな?」
「26もありますけど」「26か。やっぱり27でいいかな。」などと
注射針のサイズを決めていた。

そして、
「少し痛いですけどごめんなさいね~」
と言い、後頭部の首の少し上のあたりの血管に「ジク~ッ」と刺してきた。
「イテ~」という感じだったが、
薬剤が血管を通って、頂頭部に上って行く時も「ビリ~ッ」と痛かった。

先生が
「注射してすぐ効いてくる人もいるけど、どうですか~」
と聞いてきたので、
「なんか効いてるような気がします」といったら、
「患者さんって、気を使ってそのようにいう人が多いけど、
気を使わなくていいですよ。」と先生。
図星である。
実はそんな効いてる気がしなかった。

とりあえず、
来週も予約を入れてもらって帰ることに。

帰り道、
妻の買い物に付き合う。

その時、
右側後頭部の感覚がない事に気が付いた。
後頭神経ブロックとは、
単に後頭部の感覚を麻酔によって無くするものなのだという事が分かった。
よって、
首の痛みには余り関係が無いようだ。
後頭神経ブロックは失敗だったかな。

家に帰って、
4時間後くらいに麻酔が切れてきた。
それと同時に、
左前頭部の頭痛がしてきたが、
それほど強い頭痛ではない。

その夜はボルタレンを飲まずに寝た。

そしてその後1週間程、
後頭部の左上のあたりを触れた時に、
たまに髪の毛を引っ張られたような痛みが
するようになった。

後頭神経ブロックの影響だと思う。

妻から聞いたが、
後頭神経ブロックの薬の量は、
注射器に1~2mm程度しか入ってなかったという。

その程度で、
1週間もの間、
ピリピリする痛みが続くとは。

ブロック注射の威力、
恐るべし。

ヒーリング3日目

ヒーリング最終日。
かなり体調が良くなるかと思いきや、
逆にスゴク悪い。

いつも朝は、
聴神経腫瘍の手術をした方の右側の首と右側頭部が痛むのだが、
今朝は左側頭部が痛む。

いつもの反対側が痛むのは、
好転反応だと思いたいのだが、
なんか脈打つ度にズキズキしてきている。

これはヤバイと思い、
偏頭痛薬のマクサルトを服用する。
この薬は、
偏頭痛の兆候が出たら10分以内に飲めば、
2~30分位でズキズキが治まるし、
水無しで飲めるので良い。
でも、
甘いので水は飲むようにしている。

このように優れた薬なのだが、
薬価が保険が効いても1個300円くらいなのでスゴク高価だ。
なんとか安くならないものか・・・。

自分だけかも知れないが、
お通じが硬くなるので便秘傾向の人は気をつけた方が良い。

内服時にはヨーグルトを食べるとかすると良いと思う。

ヒーリング三日間目の最終日は、
期待していただけに、
体調がかんばしくなくて少々残念。

途中でヒーリングの先生に意識を合わせるべく、
雰囲気的にヒーリングの音楽をかけようと思い、
「クリムゾンコレクション」を流してみたが効き目は無かった。

ファンの方には申し訳ないが、
似た様な繰り返しの音楽なので、
頭の中から離れなくなるから要注意。

夜、
ヒーリングの先生からメール。
体調が悪いのを心配されていた。
「今後数日間は、様子を見てください
」との事なので、
徐々に体調が良くなって行くのかも。

今後の体調についてはまた、
ブログで書き綴って行きたい。

遠隔ヒーリング2日目(手術後1年と約1か月目)

遠隔ヒーリング2日目は、

 多少体調が良かった。

 

午前中は家の壁の壁紙の補修をしたり、

窓ガラスを2か所拭いたりした。

 

天気が良いので、

多少首が痛んだが、

妻と2人で滝のある神社へ行った。

ボルタレンは飲んだから大丈夫だと思った。

 

ここの神社は、

知る人ぞ知る秘境のような場所だった。

道が狭いので、

知らない人はなかなか来れない。

 

滝から出る水しぶきが、

マイナスイオン満点といった感じで、

心身ともに癒される感じがした。

f:id:rock-nat2:20170918112921j:plain

実は初めて行ったので、

迷いに迷い、

ようやく着いた。

 

迷って疲れたのと、

滝の冷気のせいか、

首がだんだん痛くなって耐えられなくなってきた。

 

遠隔ヒーリングは届いているのか?

効き目の実感がない。

 

f:id:rock-nat2:20170918113319j:plain

帰りは、

買い物がしたいと妻が言うので、

自分は車の中で痛みに耐えるべく

シートを倒して寝て待っていた。

 

首が冷たくなっていたので、

冷えて痛いのだろうか?

 

ヒーリング屋さんに

首の痛みを取ってくれるように、

念を送る。

念だけでは物足りないので、

メールも送る。

 

せっかくの外出なのに、

良い所無しである。

 

家に帰ったら少し首の痛みが和らいできた。

 

ヒーリングの効果なのか?

分からない。

 

妻が以前から言っていた照明器具の取り付けを

やってみた。(小さいシャンデリア風)

また、具合が悪くならなければ良いが・・・

と思いながらいろいろ小細工をしながら取り付け完了。

 

夕暮れ時だったので、

外の窓から見えるそのシャンデリア風の照明器具は

雰囲気満点。

電球の球のワット数が小さいので、

少し薄暗かったが、

妻は大満足。

 

明日は今日より調子が良いといいな。

 

 

 

 

三日間連続ヒーリングの結果(1日目)

今回、三日間のヒーリングを受けることにしたのだが、

ヒーリングの先生が遠隔地の為、

遠隔ヒーリングをしてもらう事になった。

(メールでのやり取りのみ)

 

不思議なことに、

その先生は、遠隔地でありながら、

自分の現在の波動が見れるとの事で、

この首の痛み、頭痛、めまいの状態を感じ取ってくれた。

 

痛みの感じ方はほぼ、自分の感じている通り、

首と後頭部の間あたりと眉間を中心に顔にかけて、割れそうな
感じの異常に強い波動を感じたとの事。

 

ついでと言っては失礼になるが、

霊障の件も見てくれた。

霊障は無いという。

霊障だったら、除霊して終わりという簡単な事では無いにせよ、

それならそうで、

この痛みの原因は一体なんなの?

 

ヒーリング1日目は、

地元のヒーリングの先生の施術と重なってしまったので、

ダブルヒーリングといった状態。

遠隔の先生は、そのような状態でも「問題ない」という。

 

地元のヒーリングの先生も、

問題なく施術をしていた。

 

内臓の硬さをチェックしていた時、

「今日は○○先生のヒーリングのおかげか、

内臓が良い感じに緩んでいますね」といっていた。

 

ホントかな?と思いながら施術が終わり、

最後に先生に「痛いところに意識の焦点を合わせないで、

良くなったと思えるところに焦点を合わせてくださいね」

と言われた。

 

そうする事により、

回復が早まるのだという。

 

でも、ホントに痛いときは無理だ。と思っていたら、

先生も、「無理にやらなくてもいいから」という。

 

要はやれる範囲で、という事であろう。

 

午前中の施術だったが、

午後もなんか痛くならずに調子が良かった。

 

でも、夕方から首が痛み出してきた。

遠隔ヒーリングの時間も終わっちゃったのかな?

と思いながら、またボルタレンのお世話になるしかなかった。

 

また明日の朝8時から遠隔ヒーリングが始まるので、

明日に期待しよう。

生霊の影響は?

聴神経腫瘍の手術後、
一年経つが首の痛み、頭痛、めまいといった症状が一向に良くならない。

最近体の調子がいい日を選んで、
通勤先に傷病手当金を受け取りに行って来た。

総務部長は少々心配げに様子をうかがってきたが、
いつもどおり調子が悪いので、
答える内容はワンパターン化してきている。

とりあえず会社に来られた今日は、
「調子が良い方です」としか言いようが無い。

総務部長から、
「その様子だと、まだ暫くは会社に出てこれなそうだね。」
と言われた。

自分からは、
「そうですね」
としか言えなかった。

まったく、
いつになったら治るのか?
出口が見えない。

あと何回、
妻の泣き顔を見なくてはならないのか?

泣かせる自分のこの状況が恨めしい。

宝くじの高額当選でもすれば、
少しは気も晴れるのだろうが・・・

先日、
気功屋さんに行ったとき、
気になっていたので霊障の事で聞いてみた。

気功屋さんは、
「普段あまり聞かれないので言わないのですが」
と前置きしてから、

「体の不調のほとんどが、他人の念によるもの」と言うことだ。

俗に言う「生霊」という事か?

気功屋さんは、
ヒーリング中に何気に取り除いているとの事。

患者には、
言うと怖がるので言わないらしい。

生霊というものは、
念を送っている人物が生存している限り、
ずっと念を送り続ける事になる。
ヒーリングで取ってもきりが無い。
送っている本人も自覚が無い場合があるから尚のこと質が悪い、らしい。

でも普段健康であれば、
生きている人の念は跳ね返す事が出来るので、
あまり気にしないで
健康になって日々元気に過ごす事が大事だという。

全くそのとおりだ。

早く健康になりたい。